羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジを味わいつくそう

ベトナムホーチンミンへの旅、その1

今回は視察を兼ねてベトナムのホーチンミンシティへJALの深夜便を使っていくことにしました。夜中の1時半発のフライトなので夜10時過ぎに仕事が終わり、羽田空港にてチェックイン、搭乗までの時間をラウンジで過ごすことに。

いつもこのエスカレーターにワクワクしますね。Edit

 

到着です。!!

 

服装であきらかにハワイ便に乗られる方でごった返しておりました。

 

ファーストクラスラウンジへの長い廊下。ワクワク感MAX!!

 

思ったより空いていて良かったです。

 

まずはシャンパンでホッと一息。 JALファーストクラスラウンジ定番のバロンドロトシルドを一杯。

 

ただしこの後すぐに無料のマッサージを予約したので軽いおつまみのみと一緒に。

 

そして食べ終わってからすぐにお楽しみのマッサージ、今回は上半身の揉みほぐしでお願いしました。もちろん無料です。

 

マッサージが終わって食事です。まずは白ワインから。オーストリアのグリュートフェルトリナーを一杯。ミネラル感がいい感じですね。

 

赤はイタリア系にしました。

  

そしてここではシェフが目の前にてステーキを焼いてくれます。ソースも2種類あったので、2枚試してみました(笑)⇦ 食べ過ぎですね。こちらは和風のジンジャーソース。

 

こちらは洋風のトリュフソース。個人的にはジンジャーソースが良かったかな。。。。

 

というわけでお腹がいっぱいになったので、靴磨きのサービスを受けながらゆっくりしようと、ラウンジの一番奥にあるRED SUITEへ

img_1838

 

いつ来ても雰囲気いいですね。

img_1843

 

中はこんな感じです。

さて靴磨きをと思ったのですですが、なんとすでに予約でいっぱいということで、本日はすでに終了とのことでした(涙) せっかく良い靴をわざわざ履いて行ったのになあ。。。。 まあ、これもレッスンです。 次回は早めに予約をとることにします。

img_1844

 

気を取り直してRED SUITE名物(?)のローランペリエを。なんとこのシャンパンがリーデルのグラスで好きなだけ飲めます。

 

時間も余ったのでアメリカでよく見るこの卓上のサッカーゲームで遊びました。思いの他、盛り上がるのですよ。ローランペリエを飲みながら熱中。 少しだけ童心に帰りました。

ただまだ時間があったので、ちょこっとだけ近くのキャセイパシフィック航空のラウンジのヌードルバーに行くことにしました。

その2に続く

海外旅行はJALパックでどうぞ



松山空港のサクララウンジは地味⁈ JAL 国内線free WIFIはじまりましたよ

山口、広島、愛媛の旅、最終章(その5)、今回は東京へ戻る松山空港からのレポートです。

愛媛県でのすべての仕事を終えて、買い物をして空港バスで松山空港へ。いやあ、近くて良いですね。松山市内から20分ほどでした。

早速JALカウンターにてチェックイン。ガラガラだったので、すぐでした。

せっかくなので空港内部を散策。いやあ、四国らしいですね(笑)

そして空港内の島原かまぼこさんにて大好物のじゃこ天の食べ納め。本当に美味しいです。

さらに世界の今治タオルは松山空港内にもありました。旅太郎も首に巻いたりしていつもお世話になっております。

さて空港の散策も終え、保安検査の後、JALのサクララウンジへ。 なんか外からの感じは地味ですね。

中に入ってみたら、やっぱり地味でした(笑)

ビールもAsahi Super Dryのサーバーが一つだけ。ハイボールもありませんが、愛媛県らしくポンジュースはありました。まあ、あまり色んなものはありませんが、30分くらいゆっくりするには丁度良いサイズのサクララウンジでしょうか。

そうこうしているうちに搭乗時間になったので、ゲートへ。

帰りもB737−800、クラスJが2ー3席ずつ、エコノミーが3−3席ずつの機体です。

離陸してシートベルトサインが消えると早速WIFIにアクセス。なんとJAL国内線は2月から機内WIFIが無料になりました。

そんな感じでネットをしながらいつものコンソメとコーヒーでほっと一息。帰りはクラスJの通路側が取れたので快適でした。しかも余談ですが、通路を挟んだ旅太郎の隣には我が国の某有名大臣が搭乗されていました。なんか不自然に席が空いているなと思ったのですが、SPの方数人と一緒でした。オーラをバンバンに感じたのでラッキーでした。テレビでよく見るあの女性大臣ですよ。

最後にトイレに行った時の客室乗務員の方の心温まるメッセージ。こういうのを見るとまたJALに乗りたくなりますよね。

また近いうちに四国に来たいと思います。

国内のご旅行はJALパックでどうぞ。今ならキャンペーン中



しまなみ海道デビュー、絶品今治グルメ、焼き鳥、ラーメン、レモンチェッロ。。。

楽しかったシェラトン広島でのスティもあっという間でした。この日は午前11時までに瀬戸内海を挟んだ対岸にある愛媛県に講演の仕事があり、どうやって行くか色々迷ったのですが、結局高速バスで行くことにしました。

前回のブログに書いたように早朝にジムでの筋トレに力が入ってしまい、ホテルラウンジでの朝食を10分くらいで終わらせ、慌ててチェックアウトをしてスーツケースを引きずりながらタクシーに乗り込み広島バスセンターに移動、そこから8時10分発の今治市行きの高速バスに乗り込んだのでした。

ただこの日はあいにくの雨、初めてしまなみ海道を渡ることができ、素晴らしい景色を期待していたのですが、残念ながら遠くは見れませんでした。

 

 

それでも瀬戸内海は風情があって良いですね。雨の日の移動もこれまた良い経験になりました。

 

 

3時間ほどの移動で四国の上陸、今治駅では全国的に有名なゆるキャラ「バリィさん」が迎えてくれました。

 

 

それから午後は仕事に没頭、講演もうまくいき、夜はお楽しみの懇親会でした。

まずは大好きなカワハギのお刺身から。ぽん酢でいただきました。合わせるは愛媛県の誇る名酒石鎚(いちづち)の純米吟醸です。

 

 

カワハギの皮が本当に剥がされてちょっとグロいと言えばグロいですが(笑)。。。

 

 

さらには太刀魚の天ぷら。 先日の韓国釜山で太刀魚がどうしても食べたくて右往左往した影響か、最近は太刀魚好きです(笑) サクッとした白身で絶品でした。

 

 

そして今治と言えば名物の焼き鳥。今治市の焼き鳥の特徴はなんと鉄板で焼いてくれるのです。写真のは串に刺さっていないタイプですが、串に刺したものも鉄板で焼くそうです。

今治焼き鳥についての詳しくはこちら

 

 

さて翌日は関係者の車にて今治市内の大三島の視察に出発。天気もよくて最高でした。本当に瀬戸内海の景色には癒されます。住みたくなってしまいますね。

 

 

そしてここがどうしても行きたかった絶品レモンチェッロを造っている蔵元。

 

 

リモーネという名前で地元のレモンをを使ったリキュールを若い夫婦が造られています。古民家を改造して作ったお店に全国から人が集まります。

リモーネさんについてはこちらから

 

 

たくさんゲットできて幸せです。大事に飲ましていただきます。

 

 

お昼には今治ラーメンをご馳走になりました。あっさり系のラーメンですが、愛媛県名物のレモンを搾って食べるのが特徴です。

今治ラーメンについてはこちらから

 

 

取引先と別れ、松山空港から羽田に戻る前に少し時間ががあったので、、寄り道をして一杯。愛媛の食を堪能します。

写真はシイラのお刺身です。脂がのっていて良かったです。

 

 

きびなごの天ぷら、揚げたては美味しいですね。

 

 

そして愛媛県といえば名物じゃこ天、大きかったですね。旅太郎はじゃこ天が大好物なんです(笑)

 

そんな感じで最後の最後まで愛媛県を堪能し、東京に戻るために松山空港に向かったのでした。

その5に続く

国内旅行ははJALでどうぞ




シェラトン広島は本当に駅の前にあった、クラブルームこじんまりしていい感じ

早朝から飛行機で山口宇部空港に入り、山口県内をぶらり途中下車の旅をして、夕方暗くなる前に広島駅に到着。本日の宿は広島駅前という立地は最高のシェラトングランデ広島です。

駅からブリッジでアクセスでき改札出てから1分以内に建物に到着できました。

スターウッドグループでは旅太郎はプラチナメンバーなので、毎回部屋に空きがある限りはアップグレードしてもらっています。今回も一番安い部屋を取ったのですが、クラブルームにアップグレードしていただけました。いつもありがとうございます。

エレベーターでもカードを通さないのその階へはいけないので、セキュリティも万全。広島のシェラトンは初めての滞在なので、クラブルームが気になります。

クラブフロア到着。まずはお部屋に荷物を置きにいきます。

こちらがお部屋。期待していたジュニアスィートではなかったのですが、ちゃんと仕事机のある部屋で良かったです。ベッドも一人には広すぎます。

そして17時よりハッピーアワーだったのでお楽しみのクラブラウンジへ。

解放感のある心地よいラウンジ。ビールは缶ビールしかなく、ワインも赤、白1種類のみでしたが、ハードリカーは豊富、食事も肉料理等もあり、お腹がいっぱいになりました。 しかも当たり前ですが、プラチナ会員ですから、全て無料です。

というわけで2時間ほどクラブラウンジを楽しんだのですが、折角広島に来たということで、お腹いっぱいでしたが、ホテルを出て広島駅周辺をプラプラ。たまたま美味しそうな香りに惹かれて駅近くのお店でお好み焼きを食べてみました。まさに別腹なのですが、味は美味しかったのですが、量的に正直最後はきつかった(笑)

翌朝は早朝4時に起床。部屋にて本日の仕事の内容を確認したり原稿の修正したりした後、6時すぎに、ホテルのジムへ降りてきました。私はほぼ毎日ジムへ行く人間なので、ホテル選びの時のジムの内容は重要です。シェラトン広島のジムはそんなに大きくはないのですが、必要最低限の機材は全てあるので、充分な設備でした。

このジムで入念なストレッチから軽いダンベルやチェストプレス、そして腹筋を鍛えました。昨日食べ過ぎましたからね(笑)

翌朝は朝食のみの利用でしたが、7時半にはチェックアウトして愛媛県に向かわなくてはならず、朝のジムで時間をかけすぎて、大慌てでパワーブレックファーストを駆け込む感じで食べました笑)本当はコーヒー飲んで広島市の景色を見ながらゆっくりしたかったのですがね。。。。もちろんこの朝食もサービスです。

というわけで、これから高速バスにて本日の仕事先である愛媛県今治市に向かいますが、シェラトングランデ広島でのスティ、大変楽しめました。WIFIのトラブルがあったのが残念でしたが、従業員の方々は皆様親切でした。

それでは初のしまなみ海道を横断します。楽しみです。

国内旅行はJALパックで

山口県ぶらり途中下車の旅、防府、柳井、岩国

山口宇部空港に降り立った後に間髪入れずに空港バスにて新山口駅に向かいます。本日の仕事は広島にて簡単な打ち合わせのみなので、ちょっと早めに来て久しぶりに山口県をぶらりと気の向くままに散策します。まずは広島までの普通列車の切符を買い、興味のあるところで途中下車、まさにぶらり途中下車の旅です。

新山口駅で旅太郎を待っていたのは昔懐かしい車両でした。そのまま山陽本線を東へ向かいます。

最初の下車駅は新山口から15分くらいの防府駅。戦国武将の毛利家にゆかりがある一帯でたくさんのパワースポットがあるとのことなので、ご利益を分けてもらおうと早速下車(笑)

歩いて回ると時間がかかるので、駅前の観光案内所にてレンタサイクルをゲット。4時間200円、安いです。お天気も良くてサイクリングにも最高でした。

最初に菅原道眞公にゆかりがあり、学問の神様、日本三大天神の一つの防府天満宮にお参り。縁結びの神様としても有名だそうです。

平日の午前中にも関わらず、意外と人がいてびっくり(失礼)、有名なんですね。

そしてさらに自転車にまたがって5分、周防国分寺に。こちらの門にある古木からは大量のパワーがみなぎっていました。手をかざしてそのパワーをたくさんいただきましたよ。

そしてそこからまた10分ほど自転車に乗り、旧長州藩主の毛利家邸宅と庭園へ。やはり成功者の邸宅というものは良い気がみなぎっていますね。こちらからもたくさん良い気をもらいました。

おそらく普通に歩きで見て回ったら4時間はかかったと思われますが、レンタサイクルのおかげで1時間ちょっとで全て見終わることができて大満足、たくさんの良い気ももらって全身にパワーがみなぎってきました。

次の下車地まで電車から見える瀬戸内海を見ながら一人でハイボールで乾杯。最高です(笑)

次の下車地は1時間ほど離れた白壁の街、柳井市。個人的には約15年ぶりの訪問になりました。

ここは白い壁の古い町並みが続き、国の重要伝統的建造物にも指定されています。金魚の形を提灯も有名です。風情があって最高でした。

そして広島到着前の最後の寄り道はずっと行きたかった岩国の錦帯橋。岩国駅で途中下車をして、バスを乗り継いてやってきました。 圧巻の景色です。

橋を渡りきると当時この辺り一帯を収めていた吉川家のお屋敷やお堀の跡が。

山の上の岩国城もずっと行ってみたかったのですが、現在冬季休業中で中に入れず。次回リベンジしたいと思います。

というわけで広島到着前に色々見たり、パワーをもらったりして大満足の山口県途中下車の旅でした。

その3、広島のホテル編に続く

国内旅行に行くならJALパックでどうぞ

広島、愛媛県への旅、その1JAL291便にて山口宇部空港へ

今週は国内出張です。広島県と愛媛県に2泊の予定で行ってきま〜す。

まずは朝イチの便で羽田空港から山口宇部空港へ向かいます。いつものようにファーストクラス専用のゲートから(搭乗席はエコノミーですが(笑)上級会員でよかった。。。。

 

 

セキュリティをパスして、ラウンジへ。毎回このエスカレーターを歩むのにテンションが上がっていきます(笑)

 

 

朝の飛行機のラッシュアワーなので、受付も少し混雑ですね。

 

 

とりあえずシャワーを浴びようとお願いしたら、いつものアメニティ以外に販促なんでしょうがローズヒップのオイルがついてきました。

 

 

シャワーを浴びて、髭を剃ってさっぱりしてからの、朝ビール(笑)今日は運転ないので朝からやっています。朝飲むビールがうまいんだな、これが。。。

 

 

またまた調子にのって、朝からいも焼酎のロックも。ただ今日は時間がなく、ラウンジ滞在時間はわずか15分ほど、さっさとゲートへ行きました。

 

 

一番最初にクラスJのキャンセル待ちをお願いしたのですが、今日は全部埋まっているみたいです。残念でした。

 

 

今回のフライトは737−800、クラスJが2−3列、エコノミーが3−3列のタイプです。

 

 

クラスJは空いていなかったのですが、エコノミーがガラガラだったので、一人で3席独占、こちらの方が良かったです、しかも足もと広々シートにしてもらえたし。。。何か運が良かったです(笑)

 

 

機上からパチリ、つい2週間前にも視察で行った広島空港です。

 

 

こちらは広島の宮島ですね。良い天気でした。

 

 

1時間半の快適な空の旅で山口宇部空港に到着です。ここがちょっと前にロシアのプーチン首相が降り立った空港なんですね。何気に初めて来た空港です。(しかも開港50周年とは知らなかった。。。)

 

 

ここから陸路で今晩の宿泊先の広島を目指します。 その2に続く



韓国釜山への旅、その5、釜山金海国際空港のラウンジ探検編

2泊3日の弾丸釜山への視察旅行でしたが、仕事があっと言う間に終わったので、色々見たり、食べ物、お酒も経験できたのですが、今回の旅で唯一の心の残りがカルチチョリム(韓国風太刀魚の煮付け)を食べていないということでした。

というわけで最終日は早起きして原稿書きやメール返信等を終わらせ、ジムに行って筋トレ、さらには海雲台のビーチを散歩して、シャワーを浴びてのお膳立て(?)をして準備万端でこのカルチチョリムを食べさせていただけるお店に直行しました。時間は午前11時、ちょっと早めのお昼ご飯という感じです。

いやあ念願のカルチチョリム、見た目が辛そうですが、太刀魚はあっさりしていて大変美味でした。

本来ならゆっくり味わいたいところですが、帰りの飛行機の時間が午後2時だったので、20分ほどで食べ終わってすぐ空港へ急ぎました。それにしても最初はそんなに辛く感じなかったのですが、途中からヒリヒリしてきました(笑)よくあるパターンですが。。。

帰りも地下鉄を乗り継ぎで空港へ向かいます。釜山では2030年に万国博覧会があるのですね。

いろんなところで宣伝されまくっています。まだ13年後の話ですが、周知する努力は必要ですね。

さて釜山の金海国際空港へ到着、大きすぎないまでも機能性のある綺麗な空港です。

免税店も充実しています。買い物はしませんが(笑)。。。。

あまり時間がなかったのですが、まずはラウンジ巡りをしなくてはとプライオリティパスを使って最近利用できるようになったSKY HUB LOUNGEへ

このラウンジは他の方々のネットでの書き込みで評価が高く、ぜひ一度行ってみたいと思っていました。

一番のポイントは韓国の空港ラウンジの中では珍しく(唯一??)生ビールが飲めるのです。自分でサーバーから注ぐタイプなので多少コツがいりますが。。。。

ただ航空会社のラウンジのようにワインやウイスキー、リキュール類はありませんでした。

さらにちゃんとした食事も用意されているのです。韓国らしく写真はプルコギ。

さっき太刀魚の煮付けを食べたばかりなのに、タダで食べ放題という言葉に弱すぎて(涙)2回目のランチタイムです(笑)ユッケジャンスープとサラダを食べました。

そして本来JALの上級会員、もしくはビジネスクラス利用ならばこちらの大韓航空のKALラウンジが使えます。

大韓航空、日本航空、そしてSKY TEAMの上級会員用のラウンジのようです。

こちらは客層も一気に違って日本、韓国のビジネスマンだらけでしたね。ただちょっと窓もなくて窮屈な感じです。

ただもともとあまり時間がなかったので、少し寄ってワインを2杯くらい飲んで行くにはちょど良い感じでしょうか。

そんな感じですぐ時間になってしまったので、ゲートに向かい飛行機に乗り込みます。

2泊3日のあっという間の旅でしたが、やりたいことは大体できた釜山への視察旅行でした。ソウルへはまた来月戻ってきますが、釜山は次はいつ来るかな。。。。

また早く戻ってきたい街の一つです。