韓国釜山への旅、その5、釜山金海国際空港のラウンジ探検編

2泊3日の弾丸釜山への視察旅行でしたが、仕事があっと言う間に終わったので、色々見たり、食べ物、お酒も経験できたのですが、今回の旅で唯一の心の残りがカルチチョリム(韓国風太刀魚の煮付け)を食べていないということでした。

というわけで最終日は早起きして原稿書きやメール返信等を終わらせ、ジムに行って筋トレ、さらには海雲台のビーチを散歩して、シャワーを浴びてのお膳立て(?)をして準備万端でこのカルチチョリムを食べさせていただけるお店に直行しました。時間は午前11時、ちょっと早めのお昼ご飯という感じです。

いやあ念願のカルチチョリム、見た目が辛そうですが、太刀魚はあっさりしていて大変美味でした。

本来ならゆっくり味わいたいところですが、帰りの飛行機の時間が午後2時だったので、20分ほどで食べ終わってすぐ空港へ急ぎました。それにしても最初はそんなに辛く感じなかったのですが、途中からヒリヒリしてきました(笑)よくあるパターンですが。。。

帰りも地下鉄を乗り継ぎで空港へ向かいます。釜山では2030年に万国博覧会があるのですね。

いろんなところで宣伝されまくっています。まだ13年後の話ですが、周知する努力は必要ですね。

さて釜山の金海国際空港へ到着、大きすぎないまでも機能性のある綺麗な空港です。

免税店も充実しています。買い物はしませんが(笑)。。。。

あまり時間がなかったのですが、まずはラウンジ巡りをしなくてはとプライオリティパスを使って最近利用できるようになったSKY HUB LOUNGEへ

このラウンジは他の方々のネットでの書き込みで評価が高く、ぜひ一度行ってみたいと思っていました。

一番のポイントは韓国の空港ラウンジの中では珍しく(唯一??)生ビールが飲めるのです。自分でサーバーから注ぐタイプなので多少コツがいりますが。。。。

ただ航空会社のラウンジのようにワインやウイスキー、リキュール類はありませんでした。

さらにちゃんとした食事も用意されているのです。韓国らしく写真はプルコギ。

さっき太刀魚の煮付けを食べたばかりなのに、タダで食べ放題という言葉に弱すぎて(涙)2回目のランチタイムです(笑)ユッケジャンスープとサラダを食べました。

そして本来JALの上級会員、もしくはビジネスクラス利用ならばこちらの大韓航空のKALラウンジが使えます。

大韓航空、日本航空、そしてSKY TEAMの上級会員用のラウンジのようです。

こちらは客層も一気に違って日本、韓国のビジネスマンだらけでしたね。ただちょっと窓もなくて窮屈な感じです。

ただもともとあまり時間がなかったので、少し寄ってワインを2杯くらい飲んで行くにはちょど良い感じでしょうか。

そんな感じですぐ時間になってしまったので、ゲートに向かい飛行機に乗り込みます。

2泊3日のあっという間の旅でしたが、やりたいことは大体できた釜山への視察旅行でした。ソウルへはまた来月戻ってきますが、釜山は次はいつ来るかな。。。。

また早く戻ってきたい街の一つです。



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中