真夜中過ぎのアシアナ航空ではバタンキューでした

韓国、フィリピンセブの旅、その8

夜中過ぎまで搭乗予定の飛行機をフィリピンセブ空港にて待つこと3時間、やっと夜中2時半過ぎに目的にフライトに搭乗できました。

優先搭乗にて座席に。今回も行きと同じボーイング737、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制でした。ビジネスクラスの座席配列が2−1−2という今まではあまり見たことがないタイプでした。

それにしても真ん中は失敗でしたね。1列シートのため、右も左も通路のため、後から乗ってきた方右も左も大荷物で乗ってくるので、いろいろぶつけられました(笑) 結局最後の乗客が乗り終わるまで真ん中でずっと小さくなっていましたよ。

人の波が終わってからウエルカムドリンクのサービス。 またまたシャンパン、ドラピエールでした。

そして離陸してからは本当は眠くて仕方ないはずなのに、とりあえず寝酒をということでオーストリアのシラーズを。 おつまみにもらったナッツは食べずにそのままポケットへ(笑)昼間のおやつにします⬅︎せこい旅太郎です(笑)

そして案の定、ワインを飲んだら一気に睡魔が。。。

数時間後に朝食ですよと起こされました。

起きたらシートを戻され、テーブルをセットされ、いきなりフルーツが。。。

食欲より、眠いです。。。食べたくない、いや、食べられない(涙)。。。

とりあえず頑張ってジュースだけ飲むと、さらにはメインが。。。

本当はチュック(韓国のおかゆ)が食べたかったのですが、どうやら客室乗務員に舐めれれたらしく、牛肉に煮込みに無理矢理されました。朝からはヘビーです(涙)

とりあえず数口だけ食べて、すぐコーヒーをいただきました。やっと一息。本当はもっと寝たいですが、後少しで韓国の仁川国際空港の着陸です。我慢しなきゃ。。。

外も明るくなってきました。午前7時過ぎでしょうか。。。

そして無事到着。3時間は寝れたかでしょうか。とにかく眠いです。。。

朝の8時過ぎに仁川国際空港に到着して、羽田空港行きのフライトに乗り換えるのですが、次のフライトがなんと仁川空港でなくて、ソウル都心部に近い金浦国際空港に移動しなくてはなりません。

勝手知ったるソウル市内ですが、とにかく眠いので今日はフライト時間までのお城巡りは断念することにします。とりあえず荷物をピックアップしてソウル行きの電車に乗るとしましょう。

ああ、眠い。。。。

その9に続く、





ケオスのセブ空港から再び韓国へ、アシアナ航空ビジネスクラスの旅

韓国、フィリピンセブの旅、その7

なんだかんだでセミナーでは充実したフィリピンセブでの滞在でした。今回セブに来たのは約20年ぶりだったのですが、いろいろ楽しむことができました。勉強にもなりました。これからも年に数回は来そうな感じです。フィリピンはもとより、セブも好きになりました。

さて最終日のセミナーが終わり、他の参加者はそのまま夕食や飲みにいく中、私は少人数で翌日に韓国に行くのに、なぜか韓国料理を食べました。

そして夜の10時過ぎにはセブ国際空港へ。事前にアシアナ航空から連絡があって、夜中過ぎ発の飛行機が到着機材遅れの影響でさらに遅れるとのこと(涙)結局セブ発が夜中の3時前になってしまいました。それまで起きていられるか不安です。

というわけでケオス(?)セブ国際空港に到着しました。フィリピンの空港はどこでもそうなのですが、まずは建物の中に入るのにセキュリティチェックがあり、大荷物を抱えたフィリピン人、中国人と同じ列に並ぶので、スーツケース一個しかない旅太郎はいつも不公平に感じています(笑)

とりあえず空港に到着したならばまずは最初のセキュリティチェックに向かってこのケオスの中、走り出します。

案の定、長い列。 チェックインの列でないのですよ、空港の建物に入るためにセキュリティチェックを受けるための列なのです。

なんとか無事セキュリテイチェックを終えてアシアナ航空のカウンターに来ると、なんとこちらはほぼガラガラでした。どうやら少し前に出発するLCCのチェックインのために並んでいた方が多かったみたいです。

帰りもビジネスクラスでのフライトです。

無事チェックインをすませてイミグレ方面に歩いていくとこんな看板が。。。

なんと750ペソ(約1800円?)の出国税。普通はチケット発券時に一緒に払うものなのにね。。。

まじか、もうフィリピンペソないぞ(涙)しかもカード使えないのか。。。

うん、待てよ、確か。。。と思ってバッグの中を見てみると、たまたま持ち歩いていた米ドルが。。。。

あった、よかった(涙)

何とか米ドルで支払い完了して、イミグレも通過。

思わずスーツケースに入れ忘れたソムリエナイフが二回目のセキュリティチェックに引っかかり、チェックインカウンターにまたまた引き返したなんてこともありましたが。。。

というわけで無事出国スタンプをパスポートに押してもらって、制限区域までやってきました。

空港では何もやることがないので、とりあえずラウンジにてゆっくりすることにします。

今回はアシアナ航空を利用したから使えたラウンジでしたが、プライオリティパスやアメックスでも利用できたのですね。良いラウンジです。

ここが受け付けカウンター、プレミアムだそうです(笑)

行ってみるとほとんどが韓国人か中国人のお客様でしたね。

夜中に出発する飛行機が多かったので、結構混んでいました。

意外(?)と料理も充実していてびっくりしました。自分で温める麺系から

ラウンジ定番のパスタと野菜。

そしてフィリピン料理の定番、豚肉のアドボ

さらにはローストチキンまでありましたよ。感激です。ただちょっと前に韓国料理を食べ過ぎて、何も食べることができなかったのが残念ですが(涙)。。。。

このラウンジは私が今まで経験したフィリピンにある空港ラウンジでは一番良いですね。マニラにあるブタ箱のようなラウンジとは天と地くらいに違いです。

ドリンクはこんな感じ。韓国人が多いようで、ハングルと英語のメニュー、まあ日本人はあまり使わないのですかね。。。

カウンターの中のフィリピン人アガッシがサービスしてくれます。

そんな感じで3時間近くラウンジで待ってようやく搭乗時間になったので搭乗口へ。さすがに2時を過ぎると眠くて眠くて。。。 おそらく飛行機の中でバタンキューでしょうね。

今回のフィリピンは入国も出国も眠くて仕方ない状態でした。アシアナ航空はなんでいつもこんなフライトスケジュールなんでしょうかね。。。

でも今回のフィリピンは本当に良かったです。またすぐ戻ってきますね。ありがとう。

さて飛行機で一眠りしたらまたまた韓国だ。。。





蒸し暑いセブにて大好物のフィリピン料理を満喫

韓国、フィリピンセブの旅、その6

というわけでアシアナ航空の遅れてで夜中の4時前にホテルにチェックインというすごいことになってしまいました。

ホテルのスタッフが大変親切で無駄なくすぐにチェックイン、フレンドリーで良いスタッフばかりです。

アップグレードもしてくれたようで、ジュニアスィート並みの部屋ですね。感謝です。奥の方にはリヴィングもあります。

バスルームは普通ですが、結構広いです。

そして翌朝のバルコニーからの眺め。セブのリゾート地からはかなり離れたエリアなのでリゾート感はゼロですが、海は近いです。ちなみに海の向こうがセブ島本島です。(ホテルのある方がマクタン島のラプラプ)

このバルコニーで滞在中はパソコンで執筆したり、読書をしたり色々活用させてもらいました。

さて初日は予定を入れず空けておいたので、パソコンで執筆作業に明け暮れました。ただ午後になってお腹が空いたので、ホテルから徒歩10分くらいのショッピングメールのフィリピン料理のお店へ。

フィリピン料理といえばシニガンでしょうか。今回は海老のシニガンです。この酸味がたまらなく好きですね。合わせるのはもちろんSML(サンミゲルライト)、キリンに買収されたから日系のビールと言っても良いのですかね(笑)

SMLはどこでも気軽のあるので、毎日いろんなところで飲んでいましたね。ただ昔と比べたら値段はだいぶ上がったような。。。今は一本100円くらいします。10年くらい前は6、70円くらいだったような記憶が。。。。

さらには次に日はシシグも食べました。シシグは、炭火で焼いた豚の頰肉や耳を細かく刻んだものをガーリックやオリオン、唐辛子を混ぜていためたものです。ご飯にも合いますよ。

そしてこちらもしにがんですが、これは豚肉のシニガン。大きな三枚肉がたくさん入っています。沖縄のラフテーみたいな感覚なのでしょうか。。。

暑いフィリピンでもこれをフウフウやりながら食べるのがとても美味しいのです(笑)

そしてこれはちょっとピンボケで申し訳ないのですが、セブでとれたカツオをタタキにしたものです。絶品でした。フィリピンの魚も美味しいです。

これは離れ島に行った時におもてなしで出していただけた料理です。海の幸、山の幸がバナナの葉の上で入り乱れ、セブの食を象徴しているような料理ですね。

あと私は食べませんでしたが、こんな大きなシャコが普通に売っていました。焼いて食べると絶品だそうです。フィリピン料理はあまり日本人に馴染みがないかもしれませんが、私は大好きですね。

今回はフィリピンにセミナーに出席するために来たので、結構食事がすでに用意されている場面も多かったのですが、自由時間もあったの色々チャレンジすることができてよかったです。

韓国、フィリピンセブの旅、その7へ続く





2時間遅れのセブ到着、アシアナ航空ビジネスクラスの旅

韓国、フィリピンセブの旅、その5

というわけで搭乗時間になったので仁川国際空港のアシアナラウンジを出て、フィリピンセブ空港行きの搭乗口に向かいます。

途中こんな遊び場が。。。仁川国際空港はいろいろ充実していますね。子供が喜びそうです。

搭乗口に入ってみるとすでに長蛇の列が。。。

しかも機材の到着遅れで搭乗が少し遅れるらしい。。。

15分遅れてで搭乗が始まったので、優先搭乗にてお先に機内へ。もともと夜中にセブに到着のフライトでしたが、これでさらに遅くなることが決定。ホテルの迎えの方に申し訳ないです。

隣に駐機していたアシアナ航空のA380を発見。いつか乗ってみたいものです。旅太郎はまだA380は体験しておりません。

旅太郎が乗るのはこちらB767−300、やはりA380と比べると小さいですね。

搭乗するとウエルカムドリンクをいただきます。

ちなみにこの日の韓国の新聞の一面は最近ニュースでも話題になっているTHAAD(高度防衛ミサイル)の配置についてでした。

ところが新聞を読んで、シャンパンを飲み干し、乗客の搭乗が終わっても全く飛行機が動く気配がありません。するとまたまたドリンクサービスが始まり、飛行機が動き出す前に3、4杯くらいにシャンパンを飲んでしまったでしょうか。。。気付いたら2時間遅れに離陸でした。さらにセブ到着が遅くなる(涙) 眠い。。。

そんなこともあり、離陸して安定飛行に入るとすぐ機内食のサービスがありました。

まずはオードブルからです。スモークハムと野菜の盛り合わせ、さらにそれに野菜サラダが付いていました。ワインはドイツのリースリングを合わせました。

メインはグリルチキンにチーズがたっぷりのってサービスされました。

そのあとはチーズの盛り合わせ、本日はゴーダ、カマンベール、そしてワインはサンデマンポートのLBV(Late Bottled Vintage)を合わせました。

さらにはハーゲンダッツも付くというサービスぶり。 短い路線にしては至り付くせりのサービスです。

ただこのサービスが終わった時点ですでに夜中過ぎ。羽田空港を午前4時過ぎにチェックインして、韓国をずっと歩き続けていたので、一気に睡魔が襲ってきて、そのままバタンキュー。気付いたらセブ空港に到着です。結局予定時間を2時間半以上遅れて到着。

現地時間で午前3時過ぎ、日本韓国時間で午前4時過ぎです。眠いわけです。

乗ってきた飛行機にお別れをして、無事イミグレと税関をパス。

外に出るとホテルの迎えが待っていてくれました(涙) こんな遅くまで待っていてくれているとは。。。感動でした。 本当にありがとう、フィリピン人は優しいですね。

私のスーツケースを車に積んでもらって、これから5日間フィリピンでの生活になります。

とにかく眠かったのですが、ホテルのスタッフに感謝でした。

その6に続く





仁川国際空港アシアナラウンジは雰囲気よいが食べ物少ない

韓国、フィリピンセブの旅、その5、仁川国際空港アシアナラウンジ編

というわけで仁川国際空港に戻ってきました。無事イミグレも通過し、飛行機出発まで時間があるので、アシアナ航空のアシアナラウンジへ行きます。

ここがカウンターなのですが、カウンターの右にも左にも行けるようになっていて、それぞれ同じようなラウンジがあります。私が見た感じで右側の方が広い感じでした。というわけで私は右側へ。

途中A380の模型が展示してありました。かっこいい〜!!

さてラウンジに入るとこん解放感、初めて来たのですが、大きいラウンジに圧倒されました。

ピアノもあったりしておしゃれです。高級ホテルのロビーみたいです。

ただ時間帯もあったのでしょうが、かなり混み合っていて、かなりざわついていましたね。ここはビジネスクラスラウンジなのですが、一つ上のファーストクラスラウンジに行くと人もかなり少なく静かで落ち着けるそうですが、今回はここしか行けませんでした。

でも時間が経つにつれて空いてきました。 ゆったりとした時間が流れ始めましたね。

というわけでお酒を飲みながらくつろぎたいと思います。生ビールサーバーもあります。

韓国系航空会社のラウンジには定番の辛ラーメンも当然あります。ラウンジでカップラーメンなんてと思うのですが、結局いつも食べてしまいます(笑)

そしてこのラウンジではシェフがその場で調理をされてホットプレートメニューを提供してくれます。噂によるとアシアナラウンジはハイアットグループと提携していて、そちらのシェフが毎日作ってくれるそうです。今回はアラビアータ系のパスタでした。

普段はパスタは食べないのですが、折角なので1皿いただきました。それをサラダとソーダ水でいただきます。ただ全体的に食事は寂しいですね。もう2、3品あっても良いかと思ったのですが。。。どうせこの後、飛行機に乗ってからも食事が出るのですがね。。。。

そんなことをしているうちに搭乗時間になったのでゲートへ。するとどうやら出発時間が遅れるようです。もともとセブへの到着が夜中過ぎだったのですが、これでさらに遅れるということが決定です。困りましたね。。。

その6に続く





お城が見たいとたまたま訪問したら世界遺産の有名なお城だったin公州

韓国、フィリピンセブの旅、その4

飛行機の中で少しだけ仮眠して仁川国際空港に到着。まだ朝の9時過ぎかい。。。

このあとは夜9時過ぎの便でフィリピンのセブは向かう予定なのですが、時間がありすぎるので、そのままターミナルの外へ。韓国の街を完全ノープランで出歩きます。

それにしても仁川国際空港は広いですね。

今回は初めて空港快速でソウルに行くことにその場で決めました(笑) すげえ、ラウンジまである、飛行機のラウンジとは全然違いますが、普通に待合室ですね。

そしてそのままプラットホームへ。超近代的でないですか(笑)

とりあえず証拠写真(笑)

なんと電車に乗ると43分でソウル駅です。

車内はこんな感じです。2列−2列の4席です。

あっと今にソウルに着き、ちょっと迷った挙句、地下鉄に乗り換えて高速バスターミナルにやってきました。そこで一番早いバスを探します。

無事10分後に出発するバスを発見。ソウルから南に1時半ほどかかるところにある公州に行くことにします。昔の新羅の首都でお城跡や王様の古墳で有名な場所で前から興味があったのです。

バスは2列−1列の3席で結構空いていたので快適でした。

料金も900ウォン(約1000円くらい?)そして旅のお供はキンパブ(韓国のノリ巻き)です。普段は炭水化物食べないのですがね(笑)旅の時は良しとしましょう。

無事公州到着。 バスターミナルから5分ほど歩くと、川の向こうに城壁が。テンション上がります。

こちらが正面から。なんと世界遺産のお城でした。

漢字では公山城と書くのかな。。。。

東西南北に門があり、その間を城壁で囲まれています。

ほぼ一周歩いてみました。

韓国国内からの観光客も多かったですね。外国人はほとんど見ませんでした。

この門から下に降り、公州のもう一つのハイライト、新羅時代の古墳を見に行きます。

やはり古墳は世界各国似ていますね。韓国の古墳も結構見ていますが。。。。

あまり時間もなかったので大急ぎで公州バスターミナルに戻ります。するとこんな表示が。仁川空港へ直行バスがあるんだ。。。。最初からこれでくれば時間も大幅に節約できたのですが、行き当たりばったりの旅でしたので、仕方ありません。帰りは空港へ直行バスで帰ります。

バスの時間まで30分以上あったので、バスターミナルの食堂でちょっと時間の遅いお昼ご飯。今日はユッケジャンをいただきました。私は辛いものは全く大丈夫なのですが、一般の日本人には辛く感じるでしょうね。

帰りの空港直行バスの2列−1列のタイプ。赤いカーテンがかかっていると変な感じです(笑) このバスは乗客が私を入れて2名だけだったのでガラガラ快適でした。

無事仁川国際空港へ到着。2時間の旅でしたが、私は車内で爆睡状態でした(笑)

さてこれからセブ行きの飛行機に乗るのですが、時間があるのでまずはラウンジに直行。仁川空港のアシアナラウンジはおそらく初めて来ただと思います。

ラウンジのレポートはまた次回にて、

その5に続く





早朝のフライトでもシャンパン飲んだらあっと言う間のアシアナ航空の旅

韓国、フィリピンセブへの旅、その3

というわけでラウンジで少しのんびりしすぎたので、ゲートに行ってみるとすでに搭乗が始まっていました。

みなさん、朝早いですね(笑) 私もですが。。。。

本日はお世話になるアシアナ航空の機材です。

ビジネスクラスは2席ー2席の3列、ちょっと狭いかな。。。足があまり伸ばせません。

ウエルカムドリンクは朝なのでお水にしました。ANAラウンジでも飲んでいましたから。。。。

ただメニューには久しぶりに見たドラピアーが。。。。後で食事と一緒に飲むことにしましょう。

他のワインもなかなか面白いセレクションですね。2時間ちょっとのフライトなんで全部は試せませんが、2種類くらいは飲んでみますか。。。

本当はスピリッツ系が飲みたかったのですが、フライト時間が短いですから。。。

なんだかんだで無事離陸した後に機内食が運ばれてきました。洋食か韓食の朝食のチョイスだったのですが、折角久しぶりにアシアナ航空に乗ったので韓食にしました。まあ普段はお米は食べないのですが、旅に出た時は特別です(といつも言い訳ばかりしているから中々ダイエットが成功しないのですね。

朝食ということでチュック、牛のおかゆです。箸も当然韓国仕様。あっさりしていて美味でした。食べ過ぎなので3分の1くらいしか食べませんでしたが。。。。

食後はブランデーのCamus XOを、ミックスナッツ付きです。

途中でトイレに行くとアメニティが充実していましたよ。

なんだかんだで2時間ちょっとで無事仁川国際空港へ到着。ただこの後、フィリピンのセブまで行くのですが、フライトが夜の9時過ぎということで12時間以上待ち時間があって暇なので、イミグレを出て散策をすることにしました。

税関も出て無事外へ。さてこれから12時間ほどありますが、どこで何をしましょうかね。。。完全ノープランでした(笑)

とりあえず、列車でソウル駅を目指すことにしました。

その4に続く