タンソンニャット空港から、体調悪いもビジネスクラスで命拾い

ベトナムホーチミンの旅、その5、最終章

前日に食中毒にかかってしまい、何を食べることもできなくなってしまって、深夜便の飛行機を待つのにも何もする気がおきなくなって、とりあえずチェックインしようとホーチミンにあるタンソンニャット国際空港へやってきました。そもそも2泊4日の強行日程も良くなかったかな。。。

それにしても綺麗になりましたねえ。以前のボロい空港を何度も利用していたので、その時の記憶と比べると本当に綺麗で立派な空港です。マニラのニノイアキノ空港もこんな感じになりませんかねえ(笑)

空港に到着した時はまだ開いていなかったのですが、少し待つとすぐオープン。

ダイアモンドメンバーだったのですが、ファーストクラスのカウンターがなかったのでビジネスクラスのカウンターでチェックイン

無事イミグレ、保安検査も通り、とりあえず横になりたいと、ラウンジへ移動。JALのラウンジはアプリコットラウンジという最近改装したばかりのラウンジでした。旅太郎にとってもこのラウンジは初めてになります。青色が基調で綺麗なラウンジでした。

食べ物、飲み物も充実。 ベトナム名物のPHOフォーもあります。自分で茹でて作るタイプですね。

さらには今回の旅で何度も食べたチャーゾーなども。ただ病み上がりで何も食べることができません(涙)代わりにジャスミンティーのみ何杯か。。。。素敵なラウンジだったのに残念です。次回リベンジしたいですね。

というわけで搭乗時間になったのでゲートへ。機材の到着遅れの影響で15分くらい搭乗時間が遅くなりました。

優先搭乗で乗り込みます。

今回もこのタイプ。788でした。ビジネスクラスだと2列−2列−2列のタイプです。

調子が悪すぎて、離陸を待たずにそのままシートで爆睡、5時間後に客室乗務員に起こされ朝食が出たのですが、胃のムカムカが治まらず、一口も食べることができませんでした(涙)ジュースとお茶のみで我慢。本当に残念でしたが、ビジネスクラスのシートでとりあえず朝まではぐっすり寝ることができて、だいぶ良くなってきました。羽田到着後にすぐ新幹線で2時間移動して打ち合わせが入っていましたので、なんとかキャンセルしなくても大丈夫な感じです。

無事羽田空港にオンタイムに到着。体調を壊したものの、無事に帰ってくることができてよかったです。やっぱり何事も体調管理が一番重要ですね。良い勉強になりました。

また近いうちにベトナムに行ってリベンジしたいと思います。

海外に行く前に外国語を学んでみよう



旅行に行くならJALパックで



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中