カンタス航空ビジネスクラスの旅、メルボルン散策からアデレードへ

その5、メルボルンを歩いてみました。

というわけで今回の出張で本日は移動日のみではもったいないと思い、メルボルンを飛行機のトランジットの間散策してみることにしました。

メルボルンの市街地まではこの2階建てのバスを使います。

その名もスカイバス、往復で36オーストラリアドル(約3000円くらい)です。

バスに乗って30分ほど、シドニーと並ぶ大都市のメルボルンに到着。とても美しい景色が広がっています。。高層ビルたくさんの大都会でテンションが上がります。

オーストラリアの他の都市でもそうですが、自転車に乗られる方に配慮した街づくりをしています。

川の対岸のコントラストが綺麗です。

さらには大都会の中に緑もたくさんあり、オアシス的な役割をしているのでしょうか。

おなじみのチャイナタウンもメルボルンに結構大きなのがありました。

3時間ほど散策を楽しんで、疲れたのでメルボルン空港に戻り、ラウンジで休むことに。

メルボルン国際空港も大きな空港なので、Qantas ClubとBusiness ラウンジに分かれていました。

BusinessラウンジはOne Worldのエメラルドメンバーでもアクセスできます。

ラウンジに行くまでのエスカレーターはテンションが上がります。

午後1時半くらいだったのでそれなりに混雑していました。

ただ奥の方がガラガラ。。。

食べ物も充実しています。羽田空港や伊丹空港のダイアモンドラウンジと比べてしまうのですが、もう少し日本航空には国内線ラウンジを頑張って欲しいですね。

野菜もたっぷり。

スープとサラダとオーストラリアバロッサバレーのスパークリングワインで軽いランチです。飛行機を見ながら食べる食事は最高です。

ビジネスラウンジらしく株価の掲示板もありました。

そして12時を過ぎたので、バーも解禁。豊富な種類なオーストラリア産のワインを楽しみます。

オーストラリアのピノノワールは大好きな品種の一つです。

こちらはオーストラリアでなくお隣りニュージーランドの名醸地、マルボロのソーヴィニョンブラン。 いろいろ楽しめました。

そうこうしているうちにアデレード行きの飛行機の出発時間になったのでゲートへ急ぎます。

今度は小さな737−800でした。まあ1時間半のフライトですからね。

今回は2D、ビジネスクラスは2列−2列のの通路側をお願いしました。ただあまり足を伸ばすスペースもなく。。。

1時間半のフライトですが、食事がサービスされました。レンズ豆のスープです。オーストラリアのシラーズと一緒にいただきます。

あっという間にアデレード空港に到着、なんかとてもおしゃれな近代的な空港です。

遠くから見ると何か競技場みたいですね。

ここからアデレードの市街地に移動してホテルにチェックインです。

オーストラリアへの旅、その6、アデレード編に続く





コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中