カンタス航空ビジネスクララスにてアデレードからシドニーへ

オーストラリアの旅、その8、アデレードからシドニーにカンタス航空で戻ります。

仕事も無事終了、バロッサバレーとアデレードの街をこころより楽しんで、後ろ髪引かれながらアデレード空港へ。行きはメルボルン経由で来たのですが、帰りはシドニーへの直行便で戻ります。

近代的な作りのアデレード空港へ

内部もとても開放的です。チェックインを済ませ、保安検査に向かいます。

保安検査の後も広々した作りです。さすがオーストラリアの空港。

とりあえず遅めの朝食を食べようとラウンジへ。アデレードの空港はシドニーやメルボルンと違って、ビジネスとカンタスクラブという2クラスのラウンジでなく、カンタスクラブ1クラスのみでした。

内部は広々していて開放感があるラウンジでした。

こちらはセルフサービスのパンケーキを焼くところ

ビーンズ、ボイルドエッグ、トマト、ハム、チーズと一通りのオーストラリア式の朝食がありました。

ただ午前中だったのでバーコーナーは開いておらず(涙)⇦どれだけ飲む気だ。。。

こんな感じなヘルシーな朝食をたしなみました(笑)

さらにコーヒーコーナーでカフェラテを頼むと、アートを表面に。笑っていますね(笑)

楽しかったアデレードを後に搭乗時間になりました。

今回も優先搭乗で楽々搭乗

カンタス航空はかっこいいですね。

搭乗すると、クランベリージュースのウエルカムドリンク、新聞を読みながら離陸を待ちます。今回はボーイング737−800、小ささめのフライト。ビジネスクラスが2−2、エコノミーが3−3の配列になります。

無事離陸すると飲み物のサービス。空いていたので窓際の席に移動。マクラーレンヴェールのリースリング

朝食のサービスもあり、大きなサンドイッチでした。ラウンジで食べたから、あまりお腹空いていないのですが、折角なのでシラーズと合わせていただきます。



あっという間にシドニー空港に着いた後は、空港から市街地までわずか15分という話題の電車Airport Linkで移動

Circular Quayサーキュラーキーまで移動して、そちらからフェリーで対岸に渡ります。

船からは世界遺産のオペラハウスが綺麗。

シドニーの街並みも最高。たまたま豪華客船も来航中でした。

ハーバーブリッジとオペラハウス、そしてシドニーシティの街並み。なんか観光客になった気分です(笑) やっぱりオーストラリアは良いですね。

対岸に渡った後、明日は午前中の日本航空にて日本に帰国します。

次回はシドニー空港のカンタス航空ファーストラウンジについてです、その9に続く





アデレード散策、こじんまりしていて良い街だ

オーストラリアの旅、その6、アデレード散策編

というわけでメルボルンからアデレードまで無事到着、そのまま市街地まで移動してホテルにチェックイン。今日は移動日で夜の会食もないので、ラウンジや飛行機内で散々飲んできたにも関わらず、ホテルのベランダにてビール一息、地元アデレードで有名なクラフトビールのクーパーズのペールエールを。私はビールは断然エール派です。ラガーも嫌いではないですが(笑)

これが今回お世話になったフランクリンホテル。昔ながらの伝統的な造りのホテルです。昔オーストラリアではパブを営業する時に宿泊施設が付帯していないとならない法律があり、その名残でこういった造りのようです。

さてそれではアデレードの街を散策しましょう。まずはベタにホテルのすぐ近くにあったチャイナタウンに行ってみました。実は旅先のいろんなところにある中華街に行くのが何気に好きな旅太郎(笑)

機内食の食べ過ぎであまりお腹も空いていなかったので、久しぶりのチャイニーズフードで軽く済ませました。普段はお米は食べないのですが、旅先では好きなものを食べるようにしています。

翌日、明るくなるとまた雰囲気の違うアデレードの市街地です。ビジネス、芸術、教育と様々な顔を持った街です。

高層ビルの横にはクラシックな町並みも広がります。

仕事が早く終わったので、車でアデレード市街地から20分くらいのグレネルグというエリアに来ました。ここは海に面した素晴らしい環境の街でした。

まだまだ30度近くいく日だったのでビーチでも泳ぐことができました(泳ぎませんでしたが。。。)

いやあ、素晴らしい環境です。ちょっと住みたくなりましたね。

市街地に戻り、どうしても行きたかった日本にもあるBurger Kingのオーストラリア版のHungry Jacksへ。なんか版権の理由でオーストラリアではBuger Kingを名乗ることができないとか。。。

前から食べたかったオーストラリア限定のオージーバーガー(オージービーフのハンバーガー) これもジャンクフードですが、旅先ではOKということで(←自分には甘い旅太郎)

美味しくいただきました。 さて折角アデレードまで来たということで、仕事も1日休みをいただき、以前からやりたかったワイナリー巡りをしたいということで、1日だけオーストラリアワインの名醸地、バロッサバレーまで行ってきました。

その7、バロッサバレー編に続く





JALビジネスクラスでシドニーへ、フルフラットシートは快適

オーストラリアへJALビジネスクラスの旅、その3

成田空港のJALラウンジで過ごしていましたが、出発直前に成田空港周辺が雷雨に襲われて、30分以上出発が遅れるとのアナウンスがありました。

それでもなんとか乗り込むことが可能となり、搭乗口へ。

反対にラウンジでゆっくりしすぎて、最後の方の搭乗でした。(笑)

さて席に着くと3C、フルフラットの前席から通路に出ることが可能の最新鋭の機材でした。シドニー線でこの機材に乗るのは初めてですね。前回はフルフラットではなかったので。。。。

ウエルカムドリンクのシャンパンをいただきながら出発に備えます。

雷雨の影響で離陸も時間がかかりましたが、無事安定飛行になってドリンクとディナーのサービスが始まりました。正直ラウンジで食べ過ぎて、あまりお腹が空いていなかったのですが、せっかくなので頂くことにします。

飲み物は食前酒としてシェリー、ティオペペのフィノ、そして食事はあの山田チカラシェフ監修のものです。楽しみですね。最初のアミューズからいただきます。

たまたま噂になっていたララランドがJALエンターテイメントでやっていたので、見ながら頂くことにします。ワインもアデレードヒルズのソービニョンブランがあったのでそちらにスイッチ。ミネラル感が良いですね。

そしてこちらが前菜のサラダ、パンも出ましたが、食べられませんでした。

そしてメインは牛ヒレのステーキ。カリフォルニアのピノノワールを合わせてみます。

最後のデザートまで大満足でした。コアントローをを食後酒としてコーヒーと一緒にいただきます。

結局食事中はずっとララランドを見ていました。コアントローの後はブランデーを。でももう少しグラスを工夫してもらいたいものです。

食べ終わったら日頃の疲れもあってか映画を見ながらそのまま爆睡してしまいました。

そのまま5時間くらい爆睡していたみたいです。客室乗務員さんに起こされました。気づくと外が明るくなっています。いやあ、日本からオーストラリアは時差がほとんどないから良いですね。

起きたら和朝食が待っていました(ピンボケですいません)でも飲み食いして寝ているだけなのでお腹空きませんね(笑)

というわけでずっと飲み食いして寝ていた9時間半のフライトでした。非効率ですね(笑)今日は運動しなくては。。。

イミグレのエキスプレスレーンで通過してやっとオーストラリアに来たという感じでテンションが上がってきました。

さて1年ぶりのオーストラリア大陸にやってきました。仕事もプライベートも充実した日々を過ごしていきます。

その4に続く