初体験のカンタス航空ファーストラウンジを堪能@シドニー空港

オーストラリアの旅 その9、日本航空で帰国前にシドニー空港にてカンタス航空ファーストラウンジを堪能、大満足@シドニー空港、

長かった今回のオーストラリア出張も無事終わり、シドニー空港から日本に帰ることになりました。まずはチェックインをしようとJALのカウンターへ。

空いていたのですぐチェックインできました。

そしてその足で保安検査と出国手続きを。 Express Pathを使わせていただきました。

久しぶりのシドニーキングスフォード空港の国際線ターミナル、相変わらずバカでかいです。

そして日本航空はワンワールド加盟なので、同じアライアンスのカンタス航空のラウンジを使わせていただきます。

カンタス航空のビジネスラウンジには何度か行ったことがあるのですが、今回は旅太郎はワンワールドのエメラルド会員であるので、ファーストラウンジに行けることになりました。

初めてのカンタス航空ファーストラウンジです。緊張の一瞬です、ドキドキ(笑)。。。。

いやあ、広いです。ウイングの一つがラウンジになった感じですね。

シートもゆっくりくつろげそうです。

ここが読書スペース。豪華ですねえ。

キッズスペースもなんか洗練されています

そして一番びっくりしたのがこのビジネススペース。もはや個人オフィスですね。ここでずっと仕事をしたいものです。

ただ今回は時間が早かったので、楽しみにしていたスパがまだ開いておらず残念でした。まあ次回への楽しみとしましょう。気を取り直して朝食をいただくことにします。

さらに朝シャンもすることにします。朝からテタンジェが飲めるなんて幸せです。

太陽も上がってきた中で、カンタス航空の機体を見ながらの朝食です。

絶品のエッグベネディクトとフルーツの盛り合わせからスタート

それとサンドウィッチで軽くシャンパンと一緒に。。。幸せです。。。

そのあとはソファー席に移動して、ロゼを飲みながら出発までの時間をまったり過ごしました。

というわけで搭乗時間まで幸せな時間を過ごした後、搭乗時間になったのでゲートを目指します。シドニーありがとう。

日本航空ビジネスクラスでシドニーから成田へ、その10へ続く





カンタス航空ビジネスクララスにてアデレードからシドニーへ

オーストラリアの旅、その8、アデレードからシドニーにカンタス航空で戻ります。

仕事も無事終了、バロッサバレーとアデレードの街をこころより楽しんで、後ろ髪引かれながらアデレード空港へ。行きはメルボルン経由で来たのですが、帰りはシドニーへの直行便で戻ります。

近代的な作りのアデレード空港へ

内部もとても開放的です。チェックインを済ませ、保安検査に向かいます。

保安検査の後も広々した作りです。さすがオーストラリアの空港。

とりあえず遅めの朝食を食べようとラウンジへ。アデレードの空港はシドニーやメルボルンと違って、ビジネスとカンタスクラブという2クラスのラウンジでなく、カンタスクラブ1クラスのみでした。

内部は広々していて開放感があるラウンジでした。

こちらはセルフサービスのパンケーキを焼くところ

ビーンズ、ボイルドエッグ、トマト、ハム、チーズと一通りのオーストラリア式の朝食がありました。

ただ午前中だったのでバーコーナーは開いておらず(涙)⇦どれだけ飲む気だ。。。

こんな感じなヘルシーな朝食をたしなみました(笑)

さらにコーヒーコーナーでカフェラテを頼むと、アートを表面に。笑っていますね(笑)

楽しかったアデレードを後に搭乗時間になりました。

今回も優先搭乗で楽々搭乗

カンタス航空はかっこいいですね。

搭乗すると、クランベリージュースのウエルカムドリンク、新聞を読みながら離陸を待ちます。今回はボーイング737−800、小ささめのフライト。ビジネスクラスが2−2、エコノミーが3−3の配列になります。

無事離陸すると飲み物のサービス。空いていたので窓際の席に移動。マクラーレンヴェールのリースリング

朝食のサービスもあり、大きなサンドイッチでした。ラウンジで食べたから、あまりお腹空いていないのですが、折角なのでシラーズと合わせていただきます。



あっという間にシドニー空港に着いた後は、空港から市街地までわずか15分という話題の電車Airport Linkで移動

Circular Quayサーキュラーキーまで移動して、そちらからフェリーで対岸に渡ります。

船からは世界遺産のオペラハウスが綺麗。

シドニーの街並みも最高。たまたま豪華客船も来航中でした。

ハーバーブリッジとオペラハウス、そしてシドニーシティの街並み。なんか観光客になった気分です(笑) やっぱりオーストラリアは良いですね。

対岸に渡った後、明日は午前中の日本航空にて日本に帰国します。

次回はシドニー空港のカンタス航空ファーストラウンジについてです、その9に続く





カンタス航空ビジネスクラスの旅、メルボルン散策からアデレードへ

その5、メルボルンを歩いてみました。

というわけで今回の出張で本日は移動日のみではもったいないと思い、メルボルンを飛行機のトランジットの間散策してみることにしました。

メルボルンの市街地まではこの2階建てのバスを使います。

その名もスカイバス、往復で36オーストラリアドル(約3000円くらい)です。

バスに乗って30分ほど、シドニーと並ぶ大都市のメルボルンに到着。とても美しい景色が広がっています。。高層ビルたくさんの大都会でテンションが上がります。

オーストラリアの他の都市でもそうですが、自転車に乗られる方に配慮した街づくりをしています。

川の対岸のコントラストが綺麗です。

さらには大都会の中に緑もたくさんあり、オアシス的な役割をしているのでしょうか。

おなじみのチャイナタウンもメルボルンに結構大きなのがありました。

3時間ほど散策を楽しんで、疲れたのでメルボルン空港に戻り、ラウンジで休むことに。

メルボルン国際空港も大きな空港なので、Qantas ClubとBusiness ラウンジに分かれていました。

BusinessラウンジはOne Worldのエメラルドメンバーでもアクセスできます。

ラウンジに行くまでのエスカレーターはテンションが上がります。

午後1時半くらいだったのでそれなりに混雑していました。

ただ奥の方がガラガラ。。。

食べ物も充実しています。羽田空港や伊丹空港のダイアモンドラウンジと比べてしまうのですが、もう少し日本航空には国内線ラウンジを頑張って欲しいですね。

野菜もたっぷり。

スープとサラダとオーストラリアバロッサバレーのスパークリングワインで軽いランチです。飛行機を見ながら食べる食事は最高です。

ビジネスラウンジらしく株価の掲示板もありました。

そして12時を過ぎたので、バーも解禁。豊富な種類なオーストラリア産のワインを楽しみます。

オーストラリアのピノノワールは大好きな品種の一つです。

こちらはオーストラリアでなくお隣りニュージーランドの名醸地、マルボロのソーヴィニョンブラン。 いろいろ楽しめました。

そうこうしているうちにアデレード行きの飛行機の出発時間になったのでゲートへ急ぎます。

今度は小さな737−800でした。まあ1時間半のフライトですからね。

今回は2D、ビジネスクラスは2列−2列のの通路側をお願いしました。ただあまり足を伸ばすスペースもなく。。。

1時間半のフライトですが、食事がサービスされました。レンズ豆のスープです。オーストラリアのシラーズと一緒にいただきます。

あっという間にアデレード空港に到着、なんかとてもおしゃれな近代的な空港です。

遠くから見ると何か競技場みたいですね。

ここからアデレードの市街地に移動してホテルにチェックインです。

オーストラリアへの旅、その6、アデレード編に続く





カンタス航空ビジネスクラスでメルボルン、アデレードへ

オーストラリアへの旅、その4

前日は無事日本航空にてオーストラリアのシドニーに無事到着しました。寝不足(?)の中、予定をこなし、次の日はシドニーからメルボルン、アデレードに行きました。

正確には仕事はアデレードであったのですが、本日は移動日のみで時間的余裕があったので、折角なのでメルボルンにもよってどんな街か見ようと思い、シドニーからメルボルン、そしてアデレードというフライトになりました。

まずはシドニーのキングスフォードスミス空港の国内線第3ターミナルへ。ここはカンタス航空の専用のターミナルです。早朝の7時前なのに出張のビジネスマンで賑わっています。

有人のカウンターもありますが、ほとんどの方が機械でのセルフチェックインをされていました。

荷物の預けも無人です(笑)徹底していますね。

ここにスーツケースを置いて終了です。

さて保安検査を終えて、ラウンジで朝食をとることにします。カンタス航空のラウンジはご覧のようにBusiness ラウンジとQantas Clubがあります。 違いはBusiness ラウンジの方がより良い食べ物と、空いていて快適のようです。

入り口は一緒で中で分かれています。

やっと到着

入り口にある受付にて搭乗券を見せます。

朝の出発ラッシュでそこそこ混んでいる感じでした。

あまり時間もなかったのでこのカウンターにて食べることにします。

こういったペティストリー系

サラダやハム、チーズ類

そしてオーダーでベーコン、エッグ、トマト、アボカドなどのマフィンも頼めるということだったので、オーダーしてみました。

オーストラリアの朝食っぽいです(笑) 美味しくいただきました。

さて時間になったのでゲートに

優先搭乗が始まりました。

今回はメルボルンまでの2時間の短いフライトでしたが、ビジネスクラスのフルフラットのシートでした。ウエルカムドリンクではお水をいただきました。

足も余裕で伸ばせます(笑)

離陸して安定飛行にはいるとまたまた朝食が出ました。ポーチドエッグです。

とても良いシートで2時間は本当に短くて、もっと乗っていたいと思うシートでしたが、あっという間にメルボルンに到着。メルボルンからアデレードまでのフライトは午後3時半発なので5時間ほど時間があり、少し街を見学することにします。

その4、メルボルンの街を歩いてみましたへ続く