JAL便にてタイへ、その2, 羽田空港キャセイラウンジとビジネスクラスの旅

羽田空港のJALファーストクラスラウンジにて靴磨きをしてもらった後は、同じワンワールドのキャセイパシフィック航空のラウンジにいきます。いわゆるラウンジホッピングです。

こちらにはワンワールドのサファイア、エメラルドメンバーなら入れますが、日本のホテルオークラが運営しているラウンジなので、とにかくレベルが高いのです。

まず入り口からして重厚な雰囲気が。。。

そして時間帯もありましが、いつもガラガラ

そしてキャセイラウンジの名物はこの担々麺。ヌードルバーがあるんです。

お腹がいっぱいて食べませんでしだか、チャーシューパオもあります。

そして何とハーゲンダッツも食べ放題。エビアンのペットボトルの水もあります。

両方ともJALファーストクラスラウンジにはないのです、それもおかしな話ですが。。。

食事終わった後はバーコーナーにてマッカラン12年をロックで、ちょっと行儀悪いですが、足置きがあったので、リラックス。

ただこの日は早朝からずっと激務だったので寝てしまい、飛行機に乗り遅れるのが反対に心配でした。

さて寝過ごすこともなく(笑)、時間になったので搭乗口へ。ごった返していました。

今回は残念ながらフルフラットではないタイプ。 160度くらいにはなるのですが、いつもズリ落ちるのが嫌なんですよね。特にナイトフライトは。。。

ただ今回はあまりの激務にて、離陸したらすぐ爆睡。

気づいたら着陸の1時間前で朝食がサービスされました。

そして入国もプレミアムレーンにて早々と。

荷物をピックアップしてハイヤーを飛ばしバンコク市内へ。 久しぶりのチャオプラヤ川、相変わらず茶色い(笑)

飛行機内でよく寝れたので、ホテルでコーヒー飲んで仕事します。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

羽田空港キャセイラウンジは大好きさ、担々麺食べました

ベトナムのホーチンミンシティへの旅、その2

JALファーストクラスラウンジがちょっと飽きてきたので(笑)、どうしても何か口直しがしたく、キャセパシフィック航空のラウンジへ行って、ヌードルバーへ行くことにしました。

羽田空港のキャセイラウンジは大人の雰囲気がして、旅太郎は羽田空港のラウンジでは一番好きなラウンジです。

 

しかもこの時間帯はガラガラ。貸切状態です(笑)

キャセイパシフィックラウンジ名物のヌードルバーは時間帯によって閉まってはいたのですが、奥のキッチンで作ってもらえるシステムでした。

定番の担々麺とチャーシューパオを

 

さらにデザートにハーゲンダッツのアイスクリームがあるのもこのラウンジの特徴です。

 

そんな感じでキャセイパシフィックラウンジを堪能した後、再びJALファーストクラスラウンジへ戻って、ローランペリエの飲み納め(笑)

 

またまた1ゲームだけリベンジマッチをしました。

 

そして搭乗時間の午前1時半になったので搭乗口へ

 

ピンボケで申し訳ないですが今回の搭乗機です。

 

フルフラットでないのが残念ですが、時間も時間なんで爆睡でした。離陸前から記憶がありません(笑)

 

5時間飲まず食わずの後起きたら、いきなり朝食でした。食えるか(笑)!!!

 

そんな感じで午前5時過ぎにホーチンミンシティの空港へ到着しました。 あ〜眠い。。。

ホーチンミンシティの様子に続く。 その3

 

旅をするならJALPAKにて