仁川と汝矣島を巡り、金浦国際空港へ

韓国、フィリピンセブの旅、その9

というわけで深夜便でフィリピンセブより韓国の仁川国際空港に到着しました。

ここで日本行きの飛行機に乗り換えて帰国する予定なのですが、日本行きの飛行機はここ仁川国際空港でなくてよりソウル市内に近い金浦国際空港から出るのです。

というわけでそちらに移動しますが、時間はまだまだ7時間くらいの余裕があるので、本日もいろいろ寄り道していきます(笑)

到着ゲートを出たところです。

そして前から興味を持っていた空港から近郊までの無料のリニアに乗ってみます。

リニアと言っても5駅10分くらいの距離ですが、4月に空港近くにオープンするカジノも通って、最後は映画で有名になったシルミドという島が見えるくらいの距離までいきます。

できたばかりだから綺麗ですね。

まだまだ知名度もないのでガラガラです。

終点の駅について降りてみると昔懐かしい漁村の光景が広がっていました。海産物、牡蠣やアサリがを食べさせる店が多数。ただ早朝だからまだ営業前でしたが。。。

砂浜にも誰もいません。こんな時間にこんな場所でスーツケースをゴロゴロ引いている日本人は怪しいでしょうね(笑) っていうか意味不明です。

干潟、おそらく暖かくなったら潮干狩りとかありそうですね。

仁川を後にして、電車で1時間、ソウル市内に行きました。この時期も韓国大統領の弾劾等で注目を浴びている国会議事堂を拝みに汝矣島(ヨイド)へ。 旅太郎は韓国に50回以上来ていますが、汝矣島にきたのは初めてなのです。

そして韓国の三大ネットワークの一つ、KBSの前も通りパチリ。普通に社会勉強になりました(笑)

汝矣島を30分くらい散策した後、そのまま地下鉄に30分くらい乗って金浦国際空港へ。ちょうどチェックインが始まったところでした。

この後は金浦国際空港のアシアナラウンジでゆっくりしてから、再びアシアナ航空で東京羽田空港に戻ります。

その10, 最終章に続く

2時間遅れのセブ到着、アシアナ航空ビジネスクラスの旅

韓国、フィリピンセブの旅、その5

というわけで搭乗時間になったので仁川国際空港のアシアナラウンジを出て、フィリピンセブ空港行きの搭乗口に向かいます。

途中こんな遊び場が。。。仁川国際空港はいろいろ充実していますね。子供が喜びそうです。

搭乗口に入ってみるとすでに長蛇の列が。。。

しかも機材の到着遅れで搭乗が少し遅れるらしい。。。

15分遅れてで搭乗が始まったので、優先搭乗にてお先に機内へ。もともと夜中にセブに到着のフライトでしたが、これでさらに遅くなることが決定。ホテルの迎えの方に申し訳ないです。

隣に駐機していたアシアナ航空のA380を発見。いつか乗ってみたいものです。旅太郎はまだA380は体験しておりません。

旅太郎が乗るのはこちらB767−300、やはりA380と比べると小さいですね。

搭乗するとウエルカムドリンクをいただきます。

ちなみにこの日の韓国の新聞の一面は最近ニュースでも話題になっているTHAAD(高度防衛ミサイル)の配置についてでした。

ところが新聞を読んで、シャンパンを飲み干し、乗客の搭乗が終わっても全く飛行機が動く気配がありません。するとまたまたドリンクサービスが始まり、飛行機が動き出す前に3、4杯くらいにシャンパンを飲んでしまったでしょうか。。。気付いたら2時間遅れに離陸でした。さらにセブ到着が遅くなる(涙) 眠い。。。

そんなこともあり、離陸して安定飛行に入るとすぐ機内食のサービスがありました。

まずはオードブルからです。スモークハムと野菜の盛り合わせ、さらにそれに野菜サラダが付いていました。ワインはドイツのリースリングを合わせました。

メインはグリルチキンにチーズがたっぷりのってサービスされました。

そのあとはチーズの盛り合わせ、本日はゴーダ、カマンベール、そしてワインはサンデマンポートのLBV(Late Bottled Vintage)を合わせました。

さらにはハーゲンダッツも付くというサービスぶり。 短い路線にしては至り付くせりのサービスです。

ただこのサービスが終わった時点ですでに夜中過ぎ。羽田空港を午前4時過ぎにチェックインして、韓国をずっと歩き続けていたので、一気に睡魔が襲ってきて、そのままバタンキュー。気付いたらセブ空港に到着です。結局予定時間を2時間半以上遅れて到着。

現地時間で午前3時過ぎ、日本韓国時間で午前4時過ぎです。眠いわけです。

乗ってきた飛行機にお別れをして、無事イミグレと税関をパス。

外に出るとホテルの迎えが待っていてくれました(涙) こんな遅くまで待っていてくれているとは。。。感動でした。 本当にありがとう、フィリピン人は優しいですね。

私のスーツケースを車に積んでもらって、これから5日間フィリピンでの生活になります。

とにかく眠かったのですが、ホテルのスタッフに感謝でした。

その6に続く