北九州小倉→門司→下関の旅

福岡、北九州の他、その2

さて博多を満喫した後は電車にて北九州市の小倉へ。駅から歩いて徒歩10分の小倉城に行ってきました。このお城は後から立て直したもので、どうやら忠実に復興されていないとの理由で日本100名城に入っていませんが、それなりの威圧感のある石垣と天守閣でした。。

お城の後はまたまた電車に15分だけ乗り、門司港へ。レトロな作りです。

これはマニアにはたまりません。異国情緒を感じます。

残念ながら有名な門司駅舎は改修中でした。また次回に。

というわけで門司港を少し散策。この怪しげ(?)な船はお笑い芸人ロバーツの秋山さんのお父様が経営するレストランだそうです。ちょうどお昼休みで営業しておらず中に入れませんでしたが、外から写真をパチリ。

門司港は昔の建物と近代の建物のコントラストが興味ふかい港町ですね。

ロバート秋山さんのお父様のお店は入れなかったの、他のお店に行って門司港名物焼きカレーを食べました。基本的にカレーライスの上にチーズをのせて、オーブンで焼いたものといえば想像できるでしょうか。チーズが香ばしくて最高です。

カレーを食べた後はそのまま港の船乗り場から対岸の山口県下関に渡ることにしました。

門司港〜下関港は昼間なら20分ごとに出ています。所要時間も10分ほどです。

平日だったのでガラガラでした。

船からは関門橋もよく見えました。

この船であの巌流島も行けたのですが、時間が遅くてもう船が終わっていました。残念、また次回リベンジです。

そのまま下関港を散歩、門司港のレトロな雰囲気と違ってもっと商業的です。

そしてそのまま下関駅からJRで小倉駅に戻り、リムジンバスで北九州空港にやってきました。コンパクトですが、近代的で綺麗な空港です。

JALのカウンターでチェックイン

北九州空港にはJALのサクララウンジがないので、カードラウンジにて出発までの時間を過ごすことに。このラウンジは保安検査の終わった制限エリアにあるのでギリギリまでいることができてありがたかったですね。

中はあまりゆったり感はないのですが、2、30分休憩するくらいなら充分です。

アルコール(缶ビール)は有料ですが、ソフトドリンクは飲み放題い、結構他のラウンジではあまり見ない飲み物もあって充実していました。

そうこうしているうちに搭乗の時間になったのでゲートへ。

機内ではいつものコンソメとコーヒーブラック、う〜ん充実。。。。

ただ羽田空港に戻った時はもう遅くて自宅に帰る電車がなかったので、そのまま得意の羽田空港で野宿(?)でした。もう慣れっこですね。早朝に福岡に飛び、北九州から戻って夜は羽田空港泊、これは全部1日の行程です。なんかバックパッカーみたいになってきました(笑)

翌日5時に羽田空港を出て、築地に向かい、場外で充実の朝食。いやあ、朝早いというのは本当に気持ち良いですね。

ボリューム満点の朝食を食べて、そのまま会社に行ってバリバリ仕事ができました。ちょっと体力的には大変でしたが、福岡、北九州日帰りの旅でした。



山口県ぶらり途中下車の旅、防府、柳井、岩国

山口宇部空港に降り立った後に間髪入れずに空港バスにて新山口駅に向かいます。本日の仕事は広島にて簡単な打ち合わせのみなので、ちょっと早めに来て久しぶりに山口県をぶらりと気の向くままに散策します。まずは広島までの普通列車の切符を買い、興味のあるところで途中下車、まさにぶらり途中下車の旅です。

新山口駅で旅太郎を待っていたのは昔懐かしい車両でした。そのまま山陽本線を東へ向かいます。

最初の下車駅は新山口から15分くらいの防府駅。戦国武将の毛利家にゆかりがある一帯でたくさんのパワースポットがあるとのことなので、ご利益を分けてもらおうと早速下車(笑)

歩いて回ると時間がかかるので、駅前の観光案内所にてレンタサイクルをゲット。4時間200円、安いです。お天気も良くてサイクリングにも最高でした。

最初に菅原道眞公にゆかりがあり、学問の神様、日本三大天神の一つの防府天満宮にお参り。縁結びの神様としても有名だそうです。

平日の午前中にも関わらず、意外と人がいてびっくり(失礼)、有名なんですね。

そしてさらに自転車にまたがって5分、周防国分寺に。こちらの門にある古木からは大量のパワーがみなぎっていました。手をかざしてそのパワーをたくさんいただきましたよ。

そしてそこからまた10分ほど自転車に乗り、旧長州藩主の毛利家邸宅と庭園へ。やはり成功者の邸宅というものは良い気がみなぎっていますね。こちらからもたくさん良い気をもらいました。

おそらく普通に歩きで見て回ったら4時間はかかったと思われますが、レンタサイクルのおかげで1時間ちょっとで全て見終わることができて大満足、たくさんの良い気ももらって全身にパワーがみなぎってきました。

次の下車地まで電車から見える瀬戸内海を見ながら一人でハイボールで乾杯。最高です(笑)

次の下車地は1時間ほど離れた白壁の街、柳井市。個人的には約15年ぶりの訪問になりました。

ここは白い壁の古い町並みが続き、国の重要伝統的建造物にも指定されています。金魚の形を提灯も有名です。風情があって最高でした。

そして広島到着前の最後の寄り道はずっと行きたかった岩国の錦帯橋。岩国駅で途中下車をして、バスを乗り継いてやってきました。 圧巻の景色です。

橋を渡りきると当時この辺り一帯を収めていた吉川家のお屋敷やお堀の跡が。

山の上の岩国城もずっと行ってみたかったのですが、現在冬季休業中で中に入れず。次回リベンジしたいと思います。

というわけで広島到着前に色々見たり、パワーをもらったりして大満足の山口県途中下車の旅でした。

その3、広島のホテル編に続く

国内旅行に行くならJALパックでどうぞ

広島、愛媛県への旅、その1JAL291便にて山口宇部空港へ

今週は国内出張です。広島県と愛媛県に2泊の予定で行ってきま〜す。

まずは朝イチの便で羽田空港から山口宇部空港へ向かいます。いつものようにファーストクラス専用のゲートから(搭乗席はエコノミーですが(笑)上級会員でよかった。。。。

 

 

セキュリティをパスして、ラウンジへ。毎回このエスカレーターを歩むのにテンションが上がっていきます(笑)

 

 

朝の飛行機のラッシュアワーなので、受付も少し混雑ですね。

 

 

とりあえずシャワーを浴びようとお願いしたら、いつものアメニティ以外に販促なんでしょうがローズヒップのオイルがついてきました。

 

 

シャワーを浴びて、髭を剃ってさっぱりしてからの、朝ビール(笑)今日は運転ないので朝からやっています。朝飲むビールがうまいんだな、これが。。。

 

 

またまた調子にのって、朝からいも焼酎のロックも。ただ今日は時間がなく、ラウンジ滞在時間はわずか15分ほど、さっさとゲートへ行きました。

 

 

一番最初にクラスJのキャンセル待ちをお願いしたのですが、今日は全部埋まっているみたいです。残念でした。

 

 

今回のフライトは737−800、クラスJが2−3列、エコノミーが3−3列のタイプです。

 

 

クラスJは空いていなかったのですが、エコノミーがガラガラだったので、一人で3席独占、こちらの方が良かったです、しかも足もと広々シートにしてもらえたし。。。何か運が良かったです(笑)

 

 

機上からパチリ、つい2週間前にも視察で行った広島空港です。

 

 

こちらは広島の宮島ですね。良い天気でした。

 

 

1時間半の快適な空の旅で山口宇部空港に到着です。ここがちょっと前にロシアのプーチン首相が降り立った空港なんですね。何気に初めて来た空港です。(しかも開港50周年とは知らなかった。。。)

 

 

ここから陸路で今晩の宿泊先の広島を目指します。 その2に続く