バンコク、SPGル・メリディアンに滞在

今回のバンコク滞在は視察が一番の目的だったのですが、SPGのプラチナ会員ステータスを維持するための修行も兼ねてみました。

というわけで人生で初めてのメリディアンブランドへの宿泊となりましたよ。

このバンコクのル・メリディアンはあまり経験したことないフランスのセンスを感じましたね。

外犬とグラサン男が出迎えてくれるのですが、最初は何かと思いましたよ(笑)

外観は意外と普通なんですがね。。。

さて部屋ですが、SPGプラチナパワーでアップグレード。 それにしても面白いセンスです。

ドアを閉めないとお風呂が丸見えです。

まあ反対にリビングのテレビ見ながらお風呂にてゆっくりできます。

部屋は19階だったので、まあまあの景色。バンコクは大都会ですね。

このホテルには期待していたクラブラウンジがないため、夕方のカクテルタイムには4階のバーが利用できます。 アミューズが数皿ついて無料で飲み放題です。

まずはマティーニから。

さらにはモヒート、ただしダイエット中で糖質制限していたのでモヒートwノンシュガーという裏技(笑)

このメリディアンは繁華街に位置するため、賑やかです。バンコクの日本人街のタニヤは徒歩五分、

違った意味で有名なパッポンは徒歩2分でした。旅太郎は夜更かしが苦手なのでこういった繁華街はNGなんですか、修行のため仕方ない(笑

翌朝は朝5時から充実のジムでのワークアウト、それから筋肉への栄養補給のため無料の朝食をいただきました。

さすかにフレンチ系のホテル(?)ということでコーヒーがフレンチプレスできましたよ(笑)

栄養補給も終わり、1日頑張れそうです。行ってきま〜す。

マイルを貯めるならJALカードで



シドニーから成田へ、JALビジネスクラスの旅、ありがとうオーストラリア

オーストラリアの旅、その10、JALビジネスクラスの旅、シドニーから成田へ

人生初のカンタス航空のファーストラウンジを心底堪能した後、搭乗時間になったのでゲートへ急ぎます。

ゲートへ行ってみるとすでに長蛇の列。最近オーストラリアへ行くのは人気があるのですかねえ。。。

ギリギリまで飲んでいた自分が悪いのですが。。。

とりあえず優先搭乗で乗り込みます。

久しぶりの日本航空787です(6日ぶりですが(笑))

今回は1D 一番前の通路側の席、アメニティを積み上げます(笑)

カンタス航空ファーストラウンジでは機内食のためにあまり食べなかったので(笑)、がっつりいただきます。いつも必ず洋食なのですが、なぜか今日は和食の気分で珍しく獺祭と一緒に一皿目。

前菜は勝山と一緒にいただきます。日本酒を日本航空の機内で飲むのはかなり久しぶりか。。。

お皿の上にあったこのツルが一体何のためにあるのかわからなかったので、客室乗務員に聞いてみたら。。。

箸置きでした(笑) なるほど。。。

メインは伊勢海老でした。引き続き勝山で。。。。白飯は手をつけませんでしたが。。。

そしてデザートはチーズケーキ、コーヒーとコアントローと一緒にいただきます。

今回は息のようにナイトフライトでなく、昼間便だったので、目もがっちり冴えており、少し休憩した後にガンガン食べることにします。まずはラーメンと芋焼酎の水割り。

続いてバニラアイスクリームとまたまた芋焼酎の水割り2杯目(笑)

そして今度はチーズの盛り合わせをチリのピノノワールでマリアージュさせてみました。ポートワインがないのが本当に残円ですが。。。日本航空さん、ポートワインも置いてくださいよ(笑)

さらにはJALでは有名なカレーライス

最後は朝ではないですが、朝食もどきの軽食をいただきました。

というわけで食べ続けた9時間45分の旅でした。映画も2本見れましたし。。。

ただ飛行機を降りる時、ゲートで名うて沖止め、バスでの移動となりました。

今回は出発が中部国際空港からだったので、成田空港でイミグレ、税関通過後、国内線に乗り換え、セントレアに向かいます。

最後は成田空港にて乗り継ぎ、成田から中部国際空港セントレアまで、 最終章その11に続く





カンタス航空ビジネスクララスにてアデレードからシドニーへ

オーストラリアの旅、その8、アデレードからシドニーにカンタス航空で戻ります。

仕事も無事終了、バロッサバレーとアデレードの街をこころより楽しんで、後ろ髪引かれながらアデレード空港へ。行きはメルボルン経由で来たのですが、帰りはシドニーへの直行便で戻ります。

近代的な作りのアデレード空港へ

内部もとても開放的です。チェックインを済ませ、保安検査に向かいます。

保安検査の後も広々した作りです。さすがオーストラリアの空港。

とりあえず遅めの朝食を食べようとラウンジへ。アデレードの空港はシドニーやメルボルンと違って、ビジネスとカンタスクラブという2クラスのラウンジでなく、カンタスクラブ1クラスのみでした。

内部は広々していて開放感があるラウンジでした。

こちらはセルフサービスのパンケーキを焼くところ

ビーンズ、ボイルドエッグ、トマト、ハム、チーズと一通りのオーストラリア式の朝食がありました。

ただ午前中だったのでバーコーナーは開いておらず(涙)⇦どれだけ飲む気だ。。。

こんな感じなヘルシーな朝食をたしなみました(笑)

さらにコーヒーコーナーでカフェラテを頼むと、アートを表面に。笑っていますね(笑)

楽しかったアデレードを後に搭乗時間になりました。

今回も優先搭乗で楽々搭乗

カンタス航空はかっこいいですね。

搭乗すると、クランベリージュースのウエルカムドリンク、新聞を読みながら離陸を待ちます。今回はボーイング737−800、小ささめのフライト。ビジネスクラスが2−2、エコノミーが3−3の配列になります。

無事離陸すると飲み物のサービス。空いていたので窓際の席に移動。マクラーレンヴェールのリースリング

朝食のサービスもあり、大きなサンドイッチでした。ラウンジで食べたから、あまりお腹空いていないのですが、折角なのでシラーズと合わせていただきます。



あっという間にシドニー空港に着いた後は、空港から市街地までわずか15分という話題の電車Airport Linkで移動

Circular Quayサーキュラーキーまで移動して、そちらからフェリーで対岸に渡ります。

船からは世界遺産のオペラハウスが綺麗。

シドニーの街並みも最高。たまたま豪華客船も来航中でした。

ハーバーブリッジとオペラハウス、そしてシドニーシティの街並み。なんか観光客になった気分です(笑) やっぱりオーストラリアは良いですね。

対岸に渡った後、明日は午前中の日本航空にて日本に帰国します。

次回はシドニー空港のカンタス航空ファーストラウンジについてです、その9に続く





北九州小倉→門司→下関の旅

福岡、北九州の他、その2

さて博多を満喫した後は電車にて北九州市の小倉へ。駅から歩いて徒歩10分の小倉城に行ってきました。このお城は後から立て直したもので、どうやら忠実に復興されていないとの理由で日本100名城に入っていませんが、それなりの威圧感のある石垣と天守閣でした。。

お城の後はまたまた電車に15分だけ乗り、門司港へ。レトロな作りです。

これはマニアにはたまりません。異国情緒を感じます。

残念ながら有名な門司駅舎は改修中でした。また次回に。

というわけで門司港を少し散策。この怪しげ(?)な船はお笑い芸人ロバーツの秋山さんのお父様が経営するレストランだそうです。ちょうどお昼休みで営業しておらず中に入れませんでしたが、外から写真をパチリ。

門司港は昔の建物と近代の建物のコントラストが興味ふかい港町ですね。

ロバート秋山さんのお父様のお店は入れなかったの、他のお店に行って門司港名物焼きカレーを食べました。基本的にカレーライスの上にチーズをのせて、オーブンで焼いたものといえば想像できるでしょうか。チーズが香ばしくて最高です。

カレーを食べた後はそのまま港の船乗り場から対岸の山口県下関に渡ることにしました。

門司港〜下関港は昼間なら20分ごとに出ています。所要時間も10分ほどです。

平日だったのでガラガラでした。

船からは関門橋もよく見えました。

この船であの巌流島も行けたのですが、時間が遅くてもう船が終わっていました。残念、また次回リベンジです。

そのまま下関港を散歩、門司港のレトロな雰囲気と違ってもっと商業的です。

そしてそのまま下関駅からJRで小倉駅に戻り、リムジンバスで北九州空港にやってきました。コンパクトですが、近代的で綺麗な空港です。

JALのカウンターでチェックイン

北九州空港にはJALのサクララウンジがないので、カードラウンジにて出発までの時間を過ごすことに。このラウンジは保安検査の終わった制限エリアにあるのでギリギリまでいることができてありがたかったですね。

中はあまりゆったり感はないのですが、2、30分休憩するくらいなら充分です。

アルコール(缶ビール)は有料ですが、ソフトドリンクは飲み放題い、結構他のラウンジではあまり見ない飲み物もあって充実していました。

そうこうしているうちに搭乗の時間になったのでゲートへ。

機内ではいつものコンソメとコーヒーブラック、う〜ん充実。。。。

ただ羽田空港に戻った時はもう遅くて自宅に帰る電車がなかったので、そのまま得意の羽田空港で野宿(?)でした。もう慣れっこですね。早朝に福岡に飛び、北九州から戻って夜は羽田空港泊、これは全部1日の行程です。なんかバックパッカーみたいになってきました(笑)

翌日5時に羽田空港を出て、築地に向かい、場外で充実の朝食。いやあ、朝早いというのは本当に気持ち良いですね。

ボリューム満点の朝食を食べて、そのまま会社に行ってバリバリ仕事ができました。ちょっと体力的には大変でしたが、福岡、北九州日帰りの旅でした。



アシアナ航空で帰国、金浦空港ラウンジはいまいち。。。

韓国、フィリピンセブの旅、その10完結編

仁川国際空港から日本へ帰国するためのフライトに乗るためにいろいろ寄り道をしながら金浦国際空港にやってきました。

チェックインも終え、出発までの時間をアシアナラウンジにて過ごします。

いつもはほとんどがJALでの旅になるので、KALラウンジ利用ばかりでした。ですので金浦空港でのアシアナラウンジは初めての利用になります。

一つドアを入るとまたまたドアがありました。アシアナ航空はスターアラインアンスに加盟しているのでANAに乗られる方も当然このラウンジ利用ですね。

到着した時間が早かったので、まだガラガラのラウンジ内でした。

食べ物はサンドイッチ類から(ちょっとしょぼい。。。)

お酒はこの程度、仁川国際空港のアシアナラウンジと比べると極端に少ないですね。

あと韓国系航空会社名物(?)の辛ラーメンの山盛り。

この日も誘惑に駆られて一つ食べてしまいました(涙) ダイエットは明日から。。。⬅︎ずっとそう言い続けていますが。。。

一緒に韓国の有名なCASSを飲みます、水みたいなビールですが。。。

そして金浦空港の問題は全ての航空会社のラウンジが制限区域の前にあるということ。つまり保安検査の前にあるので、搭乗時間までラウンジゆっくりくつろぐということができず、30分くらい前には保安検査と出国審査を受けるためにラウンジを後にしなくてはなりません。

出国の手続きを終えると搭乗ゲートに向かいます。

途中に免税店がありますが、荷物を増やしたくないので、写真だけ(笑)

さて羽田空港行きに乗るために30分も前にゲートに来てしまいました。暇です。。。

それでもすでに搭乗口前には長蛇の列が。。。

ただ今回も優先搭乗が利用できたのでストレスフリーでした。このサービスはありがたいですね。

搭乗するとウエルカムドリンク。今回もドラピエーでした。おそらく月単位でサービスするシャンパンが決まっているのでしょうか。。。そして久しぶりの日本の新聞です。

今回は2列−2列−2列のタイプで、私は左側一番前の通路側でしたが、隣が空席だったので窓側に移動しました。このくらい空いていると嬉しいですね。

さて機内食ですが、今回もメインはハーブグリルのチキンにクリームソースがかかったものでした。ワインはまたまたオーストラリアのシラーズを合わせました。ただこの夜7時から東京で仕事関係の会食があったのであまりお腹いっぱいにならないようにしました。

食後にはコニャックをいただき、余韻を楽しみます。

今回の韓国、フィリピンの旅もいろいろありましたが、特に何もなく、仕事面でもプライベートでも充実した時間を過ごせました。感謝の気持ちを持って乾杯です。

4泊6日の弾丸出張も無事羽田空港に到着、ありがとうございました。

オリンピックまでの後3年なんですね。それまで自分ももっと成長します。

韓国、フィリピンセブの旅、完結です。ありがとうございました。





真夜中過ぎのアシアナ航空ではバタンキューでした

韓国、フィリピンセブの旅、その8

夜中過ぎまで搭乗予定の飛行機をフィリピンセブ空港にて待つこと3時間、やっと夜中2時半過ぎに目的にフライトに搭乗できました。

優先搭乗にて座席に。今回も行きと同じボーイング737、ビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制でした。ビジネスクラスの座席配列が2−1−2という今まではあまり見たことがないタイプでした。

それにしても真ん中は失敗でしたね。1列シートのため、右も左も通路のため、後から乗ってきた方右も左も大荷物で乗ってくるので、いろいろぶつけられました(笑) 結局最後の乗客が乗り終わるまで真ん中でずっと小さくなっていましたよ。

人の波が終わってからウエルカムドリンクのサービス。 またまたシャンパン、ドラピエールでした。

そして離陸してからは本当は眠くて仕方ないはずなのに、とりあえず寝酒をということでオーストリアのシラーズを。 おつまみにもらったナッツは食べずにそのままポケットへ(笑)昼間のおやつにします⬅︎せこい旅太郎です(笑)

そして案の定、ワインを飲んだら一気に睡魔が。。。

数時間後に朝食ですよと起こされました。

起きたらシートを戻され、テーブルをセットされ、いきなりフルーツが。。。

食欲より、眠いです。。。食べたくない、いや、食べられない(涙)。。。

とりあえず頑張ってジュースだけ飲むと、さらにはメインが。。。

本当はチュック(韓国のおかゆ)が食べたかったのですが、どうやら客室乗務員に舐めれれたらしく、牛肉に煮込みに無理矢理されました。朝からはヘビーです(涙)

とりあえず数口だけ食べて、すぐコーヒーをいただきました。やっと一息。本当はもっと寝たいですが、後少しで韓国の仁川国際空港の着陸です。我慢しなきゃ。。。

外も明るくなってきました。午前7時過ぎでしょうか。。。

そして無事到着。3時間は寝れたかでしょうか。とにかく眠いです。。。

朝の8時過ぎに仁川国際空港に到着して、羽田空港行きのフライトに乗り換えるのですが、次のフライトがなんと仁川空港でなくて、ソウル都心部に近い金浦国際空港に移動しなくてはなりません。

勝手知ったるソウル市内ですが、とにかく眠いので今日はフライト時間までのお城巡りは断念することにします。とりあえず荷物をピックアップしてソウル行きの電車に乗るとしましょう。

ああ、眠い。。。。

その9に続く、





ケオスのセブ空港から再び韓国へ、アシアナ航空ビジネスクラスの旅

韓国、フィリピンセブの旅、その7

なんだかんだでセミナーでは充実したフィリピンセブでの滞在でした。今回セブに来たのは約20年ぶりだったのですが、いろいろ楽しむことができました。勉強にもなりました。これからも年に数回は来そうな感じです。フィリピンはもとより、セブも好きになりました。

さて最終日のセミナーが終わり、他の参加者はそのまま夕食や飲みにいく中、私は少人数で翌日に韓国に行くのに、なぜか韓国料理を食べました。

そして夜の10時過ぎにはセブ国際空港へ。事前にアシアナ航空から連絡があって、夜中過ぎ発の飛行機が到着機材遅れの影響でさらに遅れるとのこと(涙)結局セブ発が夜中の3時前になってしまいました。それまで起きていられるか不安です。

というわけでケオス(?)セブ国際空港に到着しました。フィリピンの空港はどこでもそうなのですが、まずは建物の中に入るのにセキュリティチェックがあり、大荷物を抱えたフィリピン人、中国人と同じ列に並ぶので、スーツケース一個しかない旅太郎はいつも不公平に感じています(笑)

とりあえず空港に到着したならばまずは最初のセキュリティチェックに向かってこのケオスの中、走り出します。

案の定、長い列。 チェックインの列でないのですよ、空港の建物に入るためにセキュリティチェックを受けるための列なのです。

なんとか無事セキュリテイチェックを終えてアシアナ航空のカウンターに来ると、なんとこちらはほぼガラガラでした。どうやら少し前に出発するLCCのチェックインのために並んでいた方が多かったみたいです。

帰りもビジネスクラスでのフライトです。

無事チェックインをすませてイミグレ方面に歩いていくとこんな看板が。。。

なんと750ペソ(約1800円?)の出国税。普通はチケット発券時に一緒に払うものなのにね。。。

まじか、もうフィリピンペソないぞ(涙)しかもカード使えないのか。。。

うん、待てよ、確か。。。と思ってバッグの中を見てみると、たまたま持ち歩いていた米ドルが。。。。

あった、よかった(涙)

何とか米ドルで支払い完了して、イミグレも通過。

思わずスーツケースに入れ忘れたソムリエナイフが二回目のセキュリティチェックに引っかかり、チェックインカウンターにまたまた引き返したなんてこともありましたが。。。

というわけで無事出国スタンプをパスポートに押してもらって、制限区域までやってきました。

空港では何もやることがないので、とりあえずラウンジにてゆっくりすることにします。

今回はアシアナ航空を利用したから使えたラウンジでしたが、プライオリティパスやアメックスでも利用できたのですね。良いラウンジです。

ここが受け付けカウンター、プレミアムだそうです(笑)

行ってみるとほとんどが韓国人か中国人のお客様でしたね。

夜中に出発する飛行機が多かったので、結構混んでいました。

意外(?)と料理も充実していてびっくりしました。自分で温める麺系から

ラウンジ定番のパスタと野菜。

そしてフィリピン料理の定番、豚肉のアドボ

さらにはローストチキンまでありましたよ。感激です。ただちょっと前に韓国料理を食べ過ぎて、何も食べることができなかったのが残念ですが(涙)。。。。

このラウンジは私が今まで経験したフィリピンにある空港ラウンジでは一番良いですね。マニラにあるブタ箱のようなラウンジとは天と地くらいに違いです。

ドリンクはこんな感じ。韓国人が多いようで、ハングルと英語のメニュー、まあ日本人はあまり使わないのですかね。。。

カウンターの中のフィリピン人アガッシがサービスしてくれます。

そんな感じで3時間近くラウンジで待ってようやく搭乗時間になったので搭乗口へ。さすがに2時を過ぎると眠くて眠くて。。。 おそらく飛行機の中でバタンキューでしょうね。

今回のフィリピンは入国も出国も眠くて仕方ない状態でした。アシアナ航空はなんでいつもこんなフライトスケジュールなんでしょうかね。。。

でも今回のフィリピンは本当に良かったです。またすぐ戻ってきますね。ありがとう。

さて飛行機で一眠りしたらまたまた韓国だ。。。