岩手県釜石市より三陸鉄道途中下車の旅

東北出張の旅、その3、今回は岩手県釜石市から初めて三陸鉄道に乗って、被災地を通って仙台に戻ります。

仙台から新幹線、JR在来線を乗り継ぎ、岩手県釜石市へ。そちらで仕事も無事終了し、翌日は仙台に戻る旅程だったのですが、同じルートで帰っても面白くないなということで、初めて三陸鉄道を利用してみることにしました。 写真が三陸鉄道の釜石駅です。

隣には立派に新しく作り変えられたJRの駅も

さてまずは切符を買いましょう。レトロですね。

これが切符、昭和を感じます(笑)

この暗い長いトンネルを通ってホームへ。ローカルムードが漂います。

そもそも三陸鉄道みなみ線は1日10本しかありません。これに乗り遅れたら次のに乗るのが大変です。

さてホームに来てみるとこんな可愛らしい車両が待っていてくれました。

一両編成です。

2011年の大地震によって全て流されてしまったのですが、釜石から盛までは再開しました(釜石より北部は未だに不通のまま)

車両内部はこんな感じ。

なんと机付き。びっくりです。

出発すると車窓からは壊滅的な津波の被害を受けたエリアが少しづつ戻ってきている感じに見えました。(奥の建物はイオンのショッピンセンター)

すごい量の木材ですね。

途中下車はしなかったのですが、有名な途中の駅、恋し浜。

そんな感じで車窓を楽しみながらすぐ終点の盛駅に到着

ここから大船渡線に乗り換え

と言っても大船渡線も津波で流されてしまったので、BRT(線路のあった場所を舗装し、その上をバスが通行する方式)で気仙沼を目指します。これが乗り場です。

BRTバスがやってきました。 BRTは初体験です。

途中の大船渡駅はこんな感じ。駅というよりは普通にバス停みたいな感じですね。初体験のBRT、見るものが新鮮です。

途中の陸前高田もちょうど新しいショッピングセンターがオープンして多くの車で賑わっていました。

ちょっと電柱と重なって見づらいですが、奇跡の一本松。

そしてそのまま気仙沼に到着。

まだまだ被災地の復興には時間がかかると思いますが、少しづつ前に進んでいるなということは感じました。我々もできる範囲でできる限り被災地を訪問して、お金を落としたりしたいものですね。

気仙沼からはJRが普通に出ているのでそのまま仙台に戻りました。それにしても大変貴重な経験ができた今回の東北出張でした。

東北出張、最終編 その4 山形空港からJ-AIRにて東京へに続く





お城が見たいとたまたま訪問したら世界遺産の有名なお城だったin公州

韓国、フィリピンセブの旅、その4

飛行機の中で少しだけ仮眠して仁川国際空港に到着。まだ朝の9時過ぎかい。。。

このあとは夜9時過ぎの便でフィリピンのセブは向かう予定なのですが、時間がありすぎるので、そのままターミナルの外へ。韓国の街を完全ノープランで出歩きます。

それにしても仁川国際空港は広いですね。

今回は初めて空港快速でソウルに行くことにその場で決めました(笑) すげえ、ラウンジまである、飛行機のラウンジとは全然違いますが、普通に待合室ですね。

そしてそのままプラットホームへ。超近代的でないですか(笑)

とりあえず証拠写真(笑)

なんと電車に乗ると43分でソウル駅です。

車内はこんな感じです。2列−2列の4席です。

あっと今にソウルに着き、ちょっと迷った挙句、地下鉄に乗り換えて高速バスターミナルにやってきました。そこで一番早いバスを探します。

無事10分後に出発するバスを発見。ソウルから南に1時半ほどかかるところにある公州に行くことにします。昔の新羅の首都でお城跡や王様の古墳で有名な場所で前から興味があったのです。

バスは2列−1列の3席で結構空いていたので快適でした。

料金も900ウォン(約1000円くらい?)そして旅のお供はキンパブ(韓国のノリ巻き)です。普段は炭水化物食べないのですがね(笑)旅の時は良しとしましょう。

無事公州到着。 バスターミナルから5分ほど歩くと、川の向こうに城壁が。テンション上がります。

こちらが正面から。なんと世界遺産のお城でした。

漢字では公山城と書くのかな。。。。

東西南北に門があり、その間を城壁で囲まれています。

ほぼ一周歩いてみました。

韓国国内からの観光客も多かったですね。外国人はほとんど見ませんでした。

この門から下に降り、公州のもう一つのハイライト、新羅時代の古墳を見に行きます。

やはり古墳は世界各国似ていますね。韓国の古墳も結構見ていますが。。。。

あまり時間もなかったので大急ぎで公州バスターミナルに戻ります。するとこんな表示が。仁川空港へ直行バスがあるんだ。。。。最初からこれでくれば時間も大幅に節約できたのですが、行き当たりばったりの旅でしたので、仕方ありません。帰りは空港へ直行バスで帰ります。

バスの時間まで30分以上あったので、バスターミナルの食堂でちょっと時間の遅いお昼ご飯。今日はユッケジャンをいただきました。私は辛いものは全く大丈夫なのですが、一般の日本人には辛く感じるでしょうね。

帰りの空港直行バスの2列−1列のタイプ。赤いカーテンがかかっていると変な感じです(笑) このバスは乗客が私を入れて2名だけだったのでガラガラ快適でした。

無事仁川国際空港へ到着。2時間の旅でしたが、私は車内で爆睡状態でした(笑)

さてこれからセブ行きの飛行機に乗るのですが、時間があるのでまずはラウンジに直行。仁川空港のアシアナラウンジはおそらく初めて来ただと思います。

ラウンジのレポートはまた次回にて、

その5に続く





山口県ぶらり途中下車の旅、防府、柳井、岩国

山口宇部空港に降り立った後に間髪入れずに空港バスにて新山口駅に向かいます。本日の仕事は広島にて簡単な打ち合わせのみなので、ちょっと早めに来て久しぶりに山口県をぶらりと気の向くままに散策します。まずは広島までの普通列車の切符を買い、興味のあるところで途中下車、まさにぶらり途中下車の旅です。

新山口駅で旅太郎を待っていたのは昔懐かしい車両でした。そのまま山陽本線を東へ向かいます。

最初の下車駅は新山口から15分くらいの防府駅。戦国武将の毛利家にゆかりがある一帯でたくさんのパワースポットがあるとのことなので、ご利益を分けてもらおうと早速下車(笑)

歩いて回ると時間がかかるので、駅前の観光案内所にてレンタサイクルをゲット。4時間200円、安いです。お天気も良くてサイクリングにも最高でした。

最初に菅原道眞公にゆかりがあり、学問の神様、日本三大天神の一つの防府天満宮にお参り。縁結びの神様としても有名だそうです。

平日の午前中にも関わらず、意外と人がいてびっくり(失礼)、有名なんですね。

そしてさらに自転車にまたがって5分、周防国分寺に。こちらの門にある古木からは大量のパワーがみなぎっていました。手をかざしてそのパワーをたくさんいただきましたよ。

そしてそこからまた10分ほど自転車に乗り、旧長州藩主の毛利家邸宅と庭園へ。やはり成功者の邸宅というものは良い気がみなぎっていますね。こちらからもたくさん良い気をもらいました。

おそらく普通に歩きで見て回ったら4時間はかかったと思われますが、レンタサイクルのおかげで1時間ちょっとで全て見終わることができて大満足、たくさんの良い気ももらって全身にパワーがみなぎってきました。

次の下車地まで電車から見える瀬戸内海を見ながら一人でハイボールで乾杯。最高です(笑)

次の下車地は1時間ほど離れた白壁の街、柳井市。個人的には約15年ぶりの訪問になりました。

ここは白い壁の古い町並みが続き、国の重要伝統的建造物にも指定されています。金魚の形を提灯も有名です。風情があって最高でした。

そして広島到着前の最後の寄り道はずっと行きたかった岩国の錦帯橋。岩国駅で途中下車をして、バスを乗り継いてやってきました。 圧巻の景色です。

橋を渡りきると当時この辺り一帯を収めていた吉川家のお屋敷やお堀の跡が。

山の上の岩国城もずっと行ってみたかったのですが、現在冬季休業中で中に入れず。次回リベンジしたいと思います。

というわけで広島到着前に色々見たり、パワーをもらったりして大満足の山口県途中下車の旅でした。

その3、広島のホテル編に続く

国内旅行に行くならJALパックでどうぞ